Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新着ピックアップ

【2018さいたまクリテリウム】レポート(1)前日プレゼンテーションに有力選手総登場

ニュース, イベント情報

 

 

「J:COM presents 2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が、11月4日、さいたま新都心駅周辺に設定された特別コースで開催される。サイクルジャパンでは今年も特別体制で随時レポートする。Twitterで速報した内容を中心に、前日イベントの模様をお届けする。

まずはコンタドール氏が登場

前日イベントの最初には、今回アンバサダーとして来日しているアルベルト・コンタドール氏が登場。先日発表された2019年のツール・ド・フランスのコースについてコメントした。

アルベルト・コンタドール氏

コンタドール氏はそれぞれのステージのコースプロファイルを見ながら「第6ステージに山頂ゴールが設定されたのはいいことだ。序盤、タイム差がつかない状況では選手たちが非常に緊張している。ここである程度差がつくことで皆が落ち着くかもしれない」「タイムトライアルの距離が短いのはクライマーにとっては有利」「標高が高い山岳コースが多いのは、日頃からそうした土地に慣れている選手たち(コロンビア勢)に有利だろう」とコメントした。全体としてはバランスが取れている設定だが、クライマーに有利であるという見解を示した。

なおその後の囲み取材では、日本での予定も明かしてくれた。

 

チーム・プレゼンテーション&囲み取材

続いてのチーム・プレゼンテーションはサッシャ&栗村氏のおなじみコンビのファシリテーションで、各チームとの軽妙なやりとりが行われた。その後行われた囲み取材とともにまとめてお伝えする。

ツール・ド・フランススペシャルチーム

ツール・ド・フランススペシャルチーム

大歓声を浴びたのはやはりこの2人のスペシャルチーム。新城選手は元気に「体調は完璧です!」と意気込みを示した。

バーレーン・メリダ

モビスターチーム

アルカンシェルを着るアレハンドロ・バルベルデ選手

カチューシャ・アルペシン

優勝が期待されるマルセル・キッテル選手

その後の囲み取材では「ライバルはクリストフになると思う。今シーズンはいいシーズンではなかったが後半上向いてきたので頑張りたい」と抱負を語った。

ミッチェルトン・スコット

チーム・スカイ