さいたまクリテリウム、3年ぶりの開催を発表 アンバサダーはマルセル・キッテル!

ニュース,イベント情報

日本で唯一「ツール・ド・フランス」の名を冠するロードレース「2022 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」が2022年11月6日(日)に開催されることが発表された。コロナ禍で2年連続中止が続いたあとの、実に3年振りの開催となる。以下、プレスリリースより。

関連イベント、地域交流会ももちろん開催!

2019年開催のスタートライン前。清水さいたま市長と、今回もアンバサダーとつとめるマルセル・キッテル氏©Yuzuru SUNADA

世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「J:COM presents 2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が2022年11月6日(日)にさいたま新都心駅周辺にて3年ぶりに開催することが決定しました。
2019年大会以来、3年ぶり8回目の開催となる本大会の大会コンセプトは「PLEASURE of RE : SAITAMA CRITERIUM」。ツール・ド・フランスを戦うトップライダー達が 3 年ぶりにさいたま新都心を駆け巡る非日常の祭典をみんなで喜び、楽しみ、分かち合うことで、日常に彩りを生み出したいという想いのもと開催いたします。本大会のプレゼンティングスポンサーは、前回大会に引き続き、JCOM 株式会社(ブランド名:「J:COM」)が務めます。

また、10月末から11月上旬の期間を「さいたまクリテリウム WEEK」として、1日だけではなく、複数日開催のイベントとし、露出機会の拡大、大会の認知度向上を図るとともに、さいたまクリテリウムを「観る」だけではなく、「参加」する体験を創出するイベントとして開催いたします。大会当日は、自転車体験イベントなどが楽しめる「2022サイクルフェスタ」やさいたま市の食が楽しめる「2022さいたまるしぇ in さいたまクリテリウム」も同日開催されます。

遠藤秀一氏(一般社団法人さいたまスポーツコミッションの会長)コメント

「2020年、2021年大会は新型コロナにより開催を見送ることになり、本場ツールのトップライダーの走り姿を見せられなく大変残念でした。しかし3年ぶりとなる本大会をみなさんが楽しめるよう、コロナ対策を万全にしつつ開催していきます。現時点では有観客で進める状態ですが、入国状況や感染状況に応じていろいろ判断していく予定です」

マルセル・キッテル氏(大会アンバサダー)コメント

「さいたまクリテリウムのアンバサダーへの就任を発表できることをとても嬉しく思います。さいたまにツール・ド・フランスの“雰囲気”“トップ選手たち”が3年ぶりに帰ってきます。ここ数年は、新型コロナウイルスによる制限で難しい時期を過ごしてきましたが、今年はそのような心配が無く、我々の自転車への情熱を楽しんでいただけるようになることを願っています。2022年11月6日にさいたまでお会いできることを心から楽しみにしています」

2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム概要

大会名:JCOM プレゼンツ2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム
開催日:2022年11月6日(日)
開催地:埼玉県さいたま市さいたま新都心駅周辺
コース:3.5㎞の周回コースを16周(2019年と同様のアリーナ内通過コースを予定)
来日選手:ツール・ド・フランスを総合優勝した、あるいは区間優勝した選手が来る予定
内容:(1) クリテリウムレース(海外招聘選手、国内選手によるレース)、(2) タイムトライアルレース、(3) コース及びイベント会場での一般参加体験イベント、(4) スポンサー企業・自転車関連企業のPRブース、(5) パブリックビューイング
その他:「サイクルフェスタ」および「さいたまるしぇ」の同日開催、11/5(土)には地域交流会を予定
※新型コロナウイルス感染状況等を踏まえ、実施内容を変更する場合がございます。
主催:一般社団法人さいたまスポーツコミッション

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 公式ホームページ 

こちらもどうぞ