「2022 UCI サイクリングeスポーツ世界選手権」2月26日開催! JSPORTSで急遽中継決定

ニュース,イベント情報

昨年に引き続き、UCI認定の「サイクリングeスポーツ世界選手権」が、日本時間2月26日深夜(27日早朝)に、バーチャルトレーニングプラットフォーム「Zwift(ズウィフト)」内の特設コースで開催される。日本からも選手が出場し、ヒルクライム、ダウンヒルなど起伏に富んだ難コースで公式の「アルカンシエル」を争う。日本でもJSPORTSが生&録画中継することが急遽決定した。以下、Zwiftのプレスリリースより紹介。

UCI サイクリングeスポーツ世界選手権 第二弾!

UCIサイクリングeスポーツ世界選手権の第2版は、2022年2月26日土曜日に開催されます。世界最高のサイクリングeスポーツ競技者の180人が、Zwiftのニューヨークマップのスタートラインに立ち、ニッカーボッカーサーキットでレースを行います。コースは厳選され、レースは最初のラップからアクション満載になります。

サイクリングeスポーツとは?

サイクリングeスポーツは、UCIの9つのサイクリング分野の1つです。2022年のUCICycling Esports World Championshipsは、ZwiftのWatopiaで開催された2020年12月の初開催のチャンピオンシップに続く第二弾になります。ライダーは全員、同じWahoo KICKR V5スマートトレーナーで競い合います。このトレーナーは、仮想勾配の変化にインテリジェントに対応し、他のライダーのドラフトや登りの勾配をシミュレートします。

サイクリングeスポーツに特有なのは、ゲーミフィケーション、戦略、視聴者エンターテインメントの追加レイヤーをもたらすパワーアップです。パワーアップにはさまざまな形態がありますが、すべて戦略的に使用して、登りで脱出したり、スプリントに勝ったり、他のライダーのドラフトで追加のエネルギーを節約したりできます。ここにあります。UCIサイクリングeスポーツ世界選手権では、レーサーはレース中にパワーアップを確保するための7つのチャンスがあり、3つのパワーアップが使用されます。

Van PowerUp: Van PowerUpは、ドラフト効果を30秒間50%増加させます。ダブルドラフトイベントでは、このパワーアップにより、標準ドラフト効果の3倍が得られます。すでに別のライダーをドラフトしている場合は、より高速で使用してください。このパワーアップは、7.3 km、29.7 km、52kmのスプリントアーチでのレース中に3回登場します。


Aero PowerUp: Aero PowerUpは空力効率を改善し、15秒間でCdAを25%削減します。高速での使用に最適です。Aero PowerUpは、レース中に9.7kmと32.1kmのK / QOMアーチに2回登場します。


フェザーパワーアップ:フェザーパワーアップは15秒間体重を10%減らします。急な上り坂での使用に最適です。これは、丘の頂上でのフィニッシュまでのレースで重要になります。フェザーパワーアップは、22.5kmと44.6kmのラップアーチでのレース中に2回利用可能になります。

この分野はまだ過渡期にありますが、Zwift Racing League PremierDivisionのようなエリートeスポーツイベントに参加するスペシャリストライダーがすでに登場しています。2022年のUCICycling Esports World Championshipsは、Zwifterにチャンピオンシップの資格を与え、一連の大陸予選レースを通じて全国連盟を代表する機会を与える独自の資格取得経路を提供しました。

イベント勝者には、有名なレインボーストライプを組み込んだUCIサイクリングeスポーツ世界チャンピオンのジャージが授与されます。受賞者は、認可されたeスポーツレースおよび翌年を通じて参加する活動中に、物理的なジャージを着用する権利を獲得します。これに加えて、優勝したアスリートは、Zwiftプラットフォームで、UCIサイクリングEスポーツ世界チャンピオンのレインボージャージのデジタルバージョンを着用することもできます。

コース 

Tour de Zwiftで初登場した丘の上のフィニッシュで挑戦的な「Knickerbocker(ニッカボッカ)」ルートが会場となります。男子と女子のエリートフィールドは、22.5kmルートの2つのフルサーキットで、ニューヨークKOMの頂上でフィニッシュ。1.4kmの上り坂、平均勾配は6.1%、ランプは最大17%です。トータル距離54.9km、獲得標高944mの登りとなります。

https://www.zwift.com/news/27800-2022-uci-cycling-esports-world-championships-start-list?__znl=ja-jp

注目ライダーは? 

Women

サラ・ジガンテ(オーストラリア)
2020年に準優勝したジガンテは、Zwiftレーサー最高のクライマーの1人です。ギガンテはモビスターチームと一緒にプロの道を走り、多くのライバルが恐れる爆発的なキックを持っています。

イッリ・ガードナー(イギリス)
イギリスチームで最も重要なライダーの1人であるイッリは、Zwiftのレース経験が豊富で、クライミングの開始時に優れています。

ゾーイ・ランガム(イギリス)
ゾーイは、ヨーロッパ予選イベントでUCIサイクリングeスポーツ世界選手権に出場しました。彼女は今年、Zwift Racing League PremierDivisonで感銘を受けました。

アシュリー・ムールマン-パシオ(南アフリカ)
防御側のUCI世界チャンピオン。アシュリーは、道路でもズウィフトでも、世界で最も優れた登山家の1人です。彼女はそれらのレインボーストライプを保持したいと思うでしょう!

Jacquie Godbe(USA)
この分野で最も強力なeスポーツスペシャリストの1人であるジャクリーンは、上り坂のレースで負けることはめったにありません。

Men

フレディ・オベット(オーストラリア)
フレディは2020年のツールドフランスバーチャルツアーでZwiftの注目を集め、それ以来参加しているすべてのZwiftレースで一貫して上位にランクインしています。eスポーツレースで最高のスプリンターの1人ですが、難しい登りを乗り越えることもできます。

クリス・マグリンチィ(アイルランド)
クリスはeスポーツのライバルとして、そしてこの分野で最強のクライマーの1人として信じられないほどの経験を積んでいます。NYCKOMクライムは彼によく合います。

ジェームズ・バーンズ(南アフリカ)
ジェームズは2022年に活躍した男です。彼は、彼のチームであるNeXTEsportがZwiftレーシングリーグプレミアディビジョンのトップに立つのを支援してきました。

池田隆人(日本)
攻撃的なピュアクライマー。タカトは強力な日本のチームと一緒に走り、NYCKOMの登りを狙っています。

Matthias Deroose(ベルギー)
Matthiasは、ZwiftPowerのトップランクのライダーの1人である、もう1人の強力なクライマーです。Zwift Racing League Premier Divisionのチーム「BZR」で一貫してポイントを獲得しており、サイクリングeスポーツの経験が豊富です。

スタートリスとはこちら

JSPORTSが生中継&リピート放送決定!

この「もうひとつの世界選手権」を、JSPORTSが生中継、その後リピート放送することが決定した。時差の関係で未明の朝方に開催されるので、リピート放送は嬉しいところだ。

当日のYouTube中継リンク(Zwift公式チャンネル)

こちらもどうぞ