アボネット、緩衝材入りのワークキャップの販売開始 ポタリングにも安心を

ニュース, 製品情報

衝撃吸収という機能性とファッション性を兼ね揃えたヘルメットを展開するライトウェイのブランド「アボネット」から、ワークキャップ風の新作モデルが登場した。ファッションアイテムとして十分街でも映えるデザインながら、ライド中にも安心を与える緩衝材入りだ。

【「重症リスク」と「リスク低減率」について】 アボネットシリーズは、衝撃吸収性能の評価方法として頭部傷害基準(HIC)値を用いた方法を採用し衝撃吸収性能を評価しています。HIC値とは、衝突や落下などの衝撃による脳や頭蓋骨への損傷程度を表す数値のことで、自動車の衝突時の乗員の安全性の評価、また子供が遊具から転落した際の遊び場の頭部保護基準値としても活用されています。 例えば、HIC値が2000となる衝撃が頭部に加わった場合、重傷以上の傷害※が発生するリスク(以下、重傷リスク)は約100%となります。アボネットシリーズでは、そのリスクをどの程度、緩和できるかの観点で衝撃吸収性性能を評価し、お客様への情報提供を行うとともに、同シリーズのさらなる改良・開発に役立てております。 一例として、HIC値が2000 から1000 まで低下した場合には、重傷リスクが無帽の状態から半減できることになります。なお、一般的な工業用ヘルメットの重症リスク低減率は約95%です。 ※重傷以上の傷害例:動脈損傷・大脳損傷・小脳損傷・脳幹損傷・脳内血腫・頭蓋骨骨折など 《ご注意》 HICの数値はあくまでも衝撃吸収性能の目安です。アボネットは衝撃を緩和するものであり、すべての衝撃を100%吸収し完全に頭部を守るものではありません。

ライトウェイが展開する「abonet(アボネット)」 のコンセプトは「普通の帽子でありながら、衝撃を和らげる機能的な帽子」。衝撃を吸収する機能を持つ保護帽は日常生活での使用には違和感があるものだが、自転車に乗っているときは、速度を出していないとしても可能なら装着していたいもの。アボネットではそういった課題を解決するため、できるだけ衝撃を吸収するように設計しつつ、見た目にもデザイン性の高いものを提案している。

そのコンセプトを守りつつ、今回新発売するのが「ライトウェイ オリジナルキャップ」。カジュアルな服に合わせやすいワークキャップスタイルで、サイド部分にライトウェイのロゴが入っている。緩衝材を内蔵しており、転倒時の頭部にかかる衝撃を大幅に軽減するという。ライトウェイによると、アボネットシリーズでの「リスク低減率」は80%(一般的な工業用ヘルメットの重症リスク低減率は約95%)。ライド時だけでなく、キャンプなどアウトドア活動での頭部ケガ防止にも活用できる。

ライトウェイ オリジナルキャップ 商品概要

税込価格 10,780円(税抜 9,800円)

サイズ:54-58cm
参考重量:約180g
カラー:ベージュ、ネイビー
表地/裏地 綿100%
緩衝材:ポリエチレンビーズ(ハード)厚さ約10mm
あご紐付(長さ調整可能)

外部リンク:アボネット 商品詳細ページ(ライトウェイプロダクツジャパン)

こちらもどうぞ