名湯とサイクリングを両方楽しむ!「有馬温泉サイクルロゲイニング」3月19日からスタート

ニュース,イベント情報

サイクリングと日本三名泉のひとつと言われる「有馬温泉」を同時に楽しめるサイクルロゲイニングのイベントが、3月19日よりスタートする。ライドイベント「ツールド有馬」を主催する実行委員会が企画したもので、さまざまなサイクリストや観光客が楽しめるよう、レベル別に6つのコースを用意。どのコースでも、最後はお好きな温浴施設で日帰り湯を楽しめるという趣向だ。以下、実行委員会や神戸市観光局のリリースより紹介。

距離別・レベル別に6つのコースを用意!
「有馬温泉サイクルロゲイニング」

有馬温泉から出発して有馬温泉に帰ってくる、そして温泉に入ってしっかりを疲れを落として帰る。そんな「サイクリング×温泉」を堪能してもらうイベントがスタートします。初心者から上級者まで楽しめる、ツールド有馬お薦めサイクルルートに挑戦できます。

有馬温泉の外周路を散策したり、六甲山を使った強強度のヒルクライムルートだけでなく、往復55kmの田園風景を楽しむ八多・淡河ルート、桜並木やダムをめぐる三田青野ダムルート等、バラエティ豊かなルートをご用意しました。達成したルートに応じた「達成バッジ」と「達成証」プレゼントします。また、提携入浴施設での温泉チケット付きですので、有馬温泉でのサイクリングの醍醐味を十分に味わっていただけると思います。金の湯・銀の湯のはしご湯チケットだけでなく、普段入れない旅館のお風呂にも入れるかも!?

通常のバイクだけでなく、eバイクでの参加も歓迎します。是非いろんなルートを巡って達成証を集めてください!

「有馬温泉サイクルロゲイニング」開催概要

開催日時

2022/3/19 (土) 10:00~ 雨天決行
受付開始  2022/03/19 (土)10:00より(火曜日定休)

参加資格

①参加する自転車をご用意ください(受付でeバイクのレンタルは可能ですが、台数に限りがあります。ご予約をお勧めします)
②ご自身のスマートフォンにイベントで実施するアプリ「Ride with GPS」をインストール頂ける方
③自転車保険へのご加入済みか確認ください(未加入の方は1日レジャー保険等をご案内いたします)
④ヘルメットやグローブ、反射板等の安全具をご用意ください
⑤道路標識に従い、安全な走行が出来る方
⑥飲酒運転を固くお断りします

参加申込受付

受付店舗「Casa Ciclismo(カーザシクリズモ)」営業時間中にて参加費をお支払いの上、実走するルートをお選びください。

受付にてイベント専用QRコードを読み込み、Ride with GPS上のイベントに参加します。
(予め、Ride with GPSのダウンロード、アカウント作成をお願い致します)

参加費用・支払いについて

イベント参加費は受付店舗「Casa Ciclismo(カーザシクリズモ)」にてお支払いください。

参加費:2200円(税込)

★ご入浴の際、タオルをご持参頂くか、各施設にてご購入をお願いします。(カーザシクリズモオリジナルタオルは330円で販売、55円でレンタルを行っています)
★ご入浴施設にて駐輪場のご用意が無い場合、カーザシクリズモ有料駐輪場にてイベント特別割引価格330円でお預かりする事が出来ます。

提携入浴施設一覧はこちら 

アプリ「Ride with GPS」のご利用方法についてはこちら

コース紹介

A.有馬温泉街周遊ルート
コースマップははこちら
約5.7km
有馬温泉の外周路を散策しながらぐるりと一回り。散策しながら回ると1時間程、ぐるりと走るだけだと15分程のレジャールートです。
普段歩いて回るにはちょっと遠い瑞宝寺公園や鼓ヶ滝でお茶して、帰ってきたら一温泉なんてとても優雅。

B.有馬温泉~大沢(光山寺)往復ルート
コースマップはこちら

約30km
神戸らしい眺望景観10選の1つ(光山寺公園)を目指します。自然豊の豊かさと都市部の交通網をかいくぐり、ゆったり楽しむ3時間ルートです。

 

C.有馬温泉~六甲山ビジターセンター(西回り・シュラインロード)片道ルート
コースマップはこちら
約10km
有馬温泉を出発して有馬口裏、シュラインロードを抜け、裏六甲ドライブウェイから六甲山ビジターセンターに向かうまでの約10kmヒルクライムルートです。帰りは同じ道を戻るも良し、体力に余裕があれば、山頂に向かい、東回りで降りるも良し。

D.有馬温泉~六甲山頂(東回り・VRR公式ルート)片道ルート
コースマップはこちら
約15km
有馬六甲VRRの公式、屈強なヒルクライマー達を唸らせる西日本指折りのルートです。8kmあたりのハニー坂は最大20度の傾斜、その丘を越えると、いよいよ六甲山本番・・・達成できるか!?
帰り道の事も考えて、体力のご利用は計画的に。

E.有馬温泉~三田青野ダム(半周)往復ルート
コースマップはこちら
約48km
有馬温泉から三田に向かう道中は、川沿いの桜並木や田園、町の風景とバラエティ豊かです。折り返しとなる青野ダムは武庫川水系の青野川及び黒川からの河川を貯水する兵庫県でも大きいダムで見ごたえばっちり。復路は登りが多いので要注意。

 

F.有馬温泉~八多町~淡河往復ルート
コースマップはこちら
約55km
有馬から1日、ガッツリサイクルツーリズムを楽しんで貰えるスポット盛沢山のルートです。サイクリスト歓迎の店が多く、折り返し地点となる淡河宿本陣跡は参勤交代で使われた歴史ある建物。自然と文化とグルメ、土地の魅力がふんだんに盛り込まれた、車通りの少ない比較的安全なルートです。「どーんとハ多を楽しく元気にする会」や地元サイクリストがお勧めするんだから間違いない。

問い合わせ/ツールド有馬実行委員会

こちらもどうぞ