アマチュアレーサーのための「ちょうどいい」レースバイク、新型「ソロイスト」発表|cervélo

製品情報

「Cervélo(サーヴェロ)」から新製品が登場。勝つために努力するレーサーのためのバイクという初代ソロイストのスピリットを受け継いだ新世代のレースバイク「Soloist(ソロイスト)」がラインアップに加わった。以下、プレスリリースより。

トップレーサーに選ばれた伝統を引き継ぎ、アマチュアレーサーのためのバイクに

ソロイストは、おそらくCervéloの最も有名なバイクです。2000年代初頭には、CSCやサーヴェロ・テストチームのワールドツアーのトップ選手たちに選ばれたバイクでした。そして今、新しい世代がこのバイクを知るときが来ました。

プロ専用というわけではなく、ウィークイン・ウィークアウトのアマチュアレーサーのために設計された新型ソロイスト。軽量化とエアロダイナミクス性能のバランスを取り、まさに「ちょうどいい」バイクを実現しました。

新型ソロイストは、S5より若干軽くなっていますが、R5より大幅にエアロダイナミクスが向上しています。これこそ、私たちCervéloが支持できるトレードオフです。
S5はツール・ド・フランスのポイントジャージを集め、R5はアルプス山脈の頂を最初に通過することができるかもしれません。
しかし、多くアマチュアレーサーやサイクリストには、サービスコースやチームメカニック、サポートカーが身近にあるわけではありません。現代のロードレーサーは、機械式や電動式の変速にも対応した高い整備性を持ち、バイクパッキングや輸送のしやすさ、軽量かつエアロなバイクを必要としています。

BBRighT-47ボトムブラケットを採用
新たに採用されたBBRighT-47ボトムブラケット。BBRighT-47は、走行距離が多くても、毎日バイクをチェックするプロメカニックがいない人に最適です。フレームにネジ切りのスリーブが入っているためBBの交換が簡単になり、フレームの寿命も延びます。

美しく機能的なケーブルの取り回し
ケーブルの取り回しは、エアロダイナミクスの観点からフレーム内部を通ります。しかしながら整備性や輸送のしやすさ、ポジション調整のしやすさの観点からステムを貫通させません。そこで、ステムの下にケーブルを通し、ベアリングキャップを貫通させる方式を独自に開発しました。自分のポジションが変わっても、違うステム長を使う友人にバイクを貸しても、ステムを交換するために油圧ブレーキのブリーディングをする必要はありません。

34mmまで対応するクリアランス
Soloistは34mm(実測値)までのタイヤとそれに適合する十分な幅のあるホイールに適合しています。

レースバイクのような外観、レースバイクのような乗り心地


Soloistのハンドリング・ジオメトリーは、R5から受け継いだものです。R5は、その落ち着きと安定性で、プロにもアマチュアにも愛されています。R5は、キラークライミングからキラーディスタンスに変わるときの安定性とハンドリングの正確さで、プロやアマチュアに愛用されています。ソロイストは、数十年にわたる改良の恩恵を受けており、ライディングフィールドに出た瞬間に心地よい感触を得ることができます。

Soloist(ソロイスト) 製品情報

R8170 ULTEGRA Di2 完成車
価格:1,188,000円(税込)
カラー:2色展開

Force eTap AXS 完成車
価格:1,188,000円(税込)
カラー:2色展開

R7170 105 Di2 完成車
価格:858,000円(税込)
カラー:2色展開
※写真なし

Rival eTap AXS 完成車
価格:880,000円(税込)
カラー:2色展開

R8020 ULTEGRA 完成車
価格:748,000円(税込)
カラー:2色展開

R7020 105 完成車
価格:594,000円(税込)
カラー:3色展開

フレームセット
価格:484,000円(税込)
カラー:3色展開

cervélo公式サイト

こちらもどうぞ