チューブレスに迫る、強さとグリップを兼ね備えた新クリンチャータイヤ「ASPITE PRO」| iRC TIRE

製品情報


グローバルタイヤメーカーとして二輪タイヤの製造・販売を行っているiRC TIRE(井上ゴム工業)が、ロードバイク用タイヤ「ASPITE PRO(アスピーテ プロ)」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、「ASPITE PRO S-LIGHT(エス-ライト)」「ASPITE PRO RBCC(アールビーシーシー)」の2製品を新たなラインナップとして発売開始した。以下、プレスリリースより紹介。

新「ASPITE PRO」とは?

「初代アスピーテプロ」について:
初代アスピーテプロが誕生したのは2014年。
「軽いのに強く、トラブルがない」というコンセプトで設計され、その驚異の耐パンク性能は多くのユーザーを驚かせてきた製品。2017年には国内最高峰の自転車ロードレース、ツアー・オブ・ジャパンの南信州ステージにおいて、「NIPPOヴィーニファンティーニ(当時)」のマルコ・カノラ選手が雨でぬれた路面の中勝利を飾り、レーシングタイヤとしても使用できることを印象づけました。

しかしこの8年の間に、ロードバイクのトレンドは移り変わり、タイヤ幅のワイド化による規格の変化、車体の設計の変化などがあり、iRCはアスピーテプロを1から再設計しました。

「新アスピーテプロ」について:

新アスピーテプロの特徴は以下の7点。

①チューブレスに迫る性能:
iRCはオートバイ用タイヤの製造・開発も行う二輪タイヤメーカー。
その技術力を活用し、ロードチューブレスタイヤにおいても自他共に認めるリーディングカンパニーです。
そのiRCが自信を持って「チューブレスに迫る性能を発揮する」クリンチャータイヤとして新型ASPITEを発表いたします。このタイヤは、チューブレスタイヤのような転がりの良さやしなやかさを持ち、軽い乗り心地が特長。
乗った瞬間からライダーに快適性を感じて頂けるタイヤとなっています。

② 「RBCC」による、最高のグリップ力:
タイヤのグリップ力を決定するのが「コンパウンド」。
伝統的にiRCの多くのフラッグシップモデルに使用されてきているのが、iRCの独自技術で開発された「ライス ブラン・セラミック・コンパウンド(RBCC)」です。米ヌカから作られる、硬質多孔性炭素素材RBセラミック粒子をトレッドに配合。転がり抵抗、グリップ、耐摩耗性、耐候性を高いレベルでキープする最高のコンパウンドです。
そのグリップ力は晴天雨天を問わず路面を掴み、ライダーの走行をサポートします。

③「ASPITE PRO S-LIGHT」:
「S-LIGHT」はレースシーンで使われる「25C」サイズで200gの重量となっており、前作の「24C」の205gよりも、サイズアップしながら軽量化に成功。さらにプロ選手らによるテストの結果、「クリンチャータイヤとして最高の基準を満たしており、レースで戦える」と高い評価を受けています。

④「ASPITE PRO RBCC」:
「RBCC」は前作の名前を受け継ぎ、タフで耐パンクに優れ、グリップ力に長けたクリンチャータイヤ。高い性能をバランスよく備えていることにより、トレーニングにも、レースにも1本で対応可能。

⑤クリンチャータイヤとして業界初の「フックレスリム」対応:
近年トレンドになっている「フックレスリム」には、チューブレスタイヤでの対応製品は巷に多く存在していますが、iRC はチューブレスタイヤの開発技術を活かし、フックレスリムに対応したクリンチャータイヤを業界で初めて製品化しました。

⑥表面に「ヘリンボーンパターン」を採用:
センター部分のスリックは転がりを良くし、サイドの角度のついたパターン設計が、車体を傾け、コーナーに突入した際のコーナリングフォースを高めることにより、ライダーと車体をコーナリング中に安定させ、安全にカーブを曲がれるようサポートします。

⑦新ETRTO対応:
数年でタイヤのリム幅がワイド化し、内幅が19mmのリムが標準となってきている現状に合わせ、内幅19mmサイズのリムに装着した際、適正なサイズとなるように設計。(30Cは21mmのリム幅用設計)

製品詳細

・ASPITE PRO RBCC
サイズ:WO700×25C/28C/30C
参考価格:¥7,480(税込)
製品ページ:https://ircbike.jp/product-list/road/aspite-pro-rbcc/

・ASPITE PRO S-LIGHT
サイズ:WO700×25C/28C/30C
参考価格:¥7,480(税込)
製品ページ:https://ircbike.jp/product-list/road/aspite-pro-slight/

詳細:ASPITE PRO 特設サイト

こちらもどうぞ