ペダル型パワーメーター「アシオマ」、日本で取扱い開始 左右セット8万円のコストパフォーマンス!

ニュース, 製品情報

イタリアのスポーツテクノロジーメーカー、「Favero ELECTRONICS」社のペダル型パワーメーター「Assioma(アシオマ)」の日本での販売が1月末から開始される。左右ぺアで重量わずか300g、最高グレード「DUO(デュオ)」でも税抜8万円というコストパフォーマンスで注目されそうだ。

ペダルそのままがパワーメーター、取り付ければすぐに使用可能に

Favero Electronics(ファベロエレクトロニク)社は30年以上にわたり、スポーツ電子機器のデザインから製造までを手掛けてきたイタリア企業。同社のプロダクトの中でも注目されているのが、サイクリング用に開発したペダル型パワーメーターの「Assioma(アシオマ)」だ。LOOK・ケオタイプのクリートペダルと一体化した構造で、使用するにはそのままペダルをリプレースすればいいだけとなっている。

商品構成は両側センサー搭載の「DUO(デュオ)」と左側のみ搭載の「UNO(ウノ)」の2種類だが、「UNO」から「DUO」相当にアップグレードできるキットも用意されており、目的と予算に合わせて選ぶことができる。

Favero Electronics社のWebサイトより
Favero Electronics社のWebサイトより

Assiomaの計測手法は、ペダリング中の平均的なパワーを計測する手法とは違い、瞬間的なパワーの角度と速さを割り出すIAV(Instantaneous Angular Velocity)テクノロジーに基づいており、パワーフェイズ、ライダーポジション、パワーバランスなどを高い精度で測定できるという。具体的には、ペダリングが不安定になりがちな上り坂でのスプリント、また楕円のチェーンリングを搭載したバイクなど、入力が不均衡になりがちな状態でも正確な数値を計測できるとする。また左右ペア重量がわずか303g(DUO)で、価格もUNOが51‚000円、DUOが80‚000円(ともに税抜)であることも大きな特徴だ。なおQファクターは54㎜(クランク接合面からペダル中心までの距離)は54㎜と、標準的な53㎜より1㎜ほど大きくなっている。

これまで一部のマニアックな層から話題になっていたAssioma。日本での販売状況はまだ不明だが、海外ではAssiomaは様々な補修パーツも別売で用意されておりメンテナンス性も高く、使い勝手も良いと非常に評価が高いパワーメーターだ。これまでのパワーメーターの「相場観」を破壊するAssiomaの日本上陸は、サイクリストに嬉しい悩みを提供してくれそうだ。

Assioma(アシオマ)商品概要

Assioma DUO  両ペダルパワーセンサー
販売価格:8万円(税抜)
Assioma UNO 左ペダルのみパワーセンサー
販売価格 5万1000円(税抜)
Upgrade Kit(UNOをDUOへアップグレードするキット)
販売価格:5万151円(税抜)
付属品(Assioma DUO・UNO):
専用赤色クリート2個(フロート角6度)、8mm六角レンチ1本、ペダルワッシャ4個、充電アダプター、充電用コード、充電用コネクター、取扱説明書、保証書

その他仕様

無線プロトコル:ANT+ PWR(CT + PO)プロファイル、Bluetooth v4.0
転送データ:パワー(watt)、ケイデンス(rpm)、L/Rバランス%(Assioma DUOのみ)、トルク有効性(TE)、ペダル円滑度(PS)
最大パワー:2000W
L/Rバランス:0~100%(Assioma DUOのみ)
最小~最大ケイデンス:30~180rpm
パワー計測精度:±1%
ケイデンスセンサー:内蔵
内部バッテリー:充電式リチウムバッテリー、50時間稼働
USB充電:ダブル充電器(左右同時充電可能)
センサーを含む総ペダル重量:151.5g
センサーを除くペダル重量:130.3g
ペダルアクセル材料:AISI 630 H900ステンレス鋼
ペダルアクセルねじ切り:9/16″-20 TPI
ベアリング:No.3密閉式カートリッジベアリング
動作温度:-10 ⁄ +60°C
バッテリー充電温度:+5 ⁄ +40°C
保護等級:IP67
認証:CE、FCC、PSE、AUS/NZ、KC、RoHS、ANT+、BLE
互換クリート:FAVERO 赤色クリート、黒色クリート、LOOK Keoクリート(オリジナルのみ)
乗車最大体重:120kg
保証:2年

こちらもどうぞ