自転車、ランニング、普段使いがこれひとつ。GARMIN製品にも対応するスマホホルダーが登場

製品情報

サイクリング、ランニングだけでなく普段使いでも、それぞれに適したマウントやパーツを使い分けることで、本体をそのまま使いまわせるスマホホルダーが登場する。スマホを常に携帯し、運動記録をとる人には便利なアイテムとなるだろう。

GARMINのマウントアダプターにも取付可能

今回クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売されるのは「Bike+Run Tie Connect Kit」。スマホに取り付けるホルダー本体に、サイクリング、ランニング時のマウント、アームバンド、普段の時に使えるストラップまでがセットになっている。シリコンやゴムを素材として採用し、振動吸収性や耐久性もテスト済みだという。

スマホに取り付ける、キットの中核となる「Phone Tie Connect」は、GARMIN社の規格を採用。Kitに同梱されている自転車用「Bike Tie Connect」ももちろん使用できるが、GAMIN社のマウントアダプターにもそのまま装着できる。強靭で柔軟性のある厳選したシリコンを使用し4.7~7.2インチのスマホに対応、大きさにもよるがケースを付けたままでも装着可能だ。

本体にホルダーをつけたまま、様々なシーンで使いまわせる

本体に「Phone Tie Connect」を取り付けておけば、アームバンドをつけてそのままランニングしたり、ストラップをつけて、歩行中の万が一の落下にも備えることができる。なおこのストラップはサイクリング時に予備の落下防止ストラップとしても使える仕様だ。肌触りよく柔らかい生地のアームバンドは3つのサイズが用意され、マジックテープで長さを自由に調整できしっかり腕に固定できる。

「Bike+Run Tie Connect Kit」はクラウドファンディングMakuakeにて現在公開中で、その後2021年4月下旬には一般販売の開始予定だ。

外部リンク:「Bike+Run Tie Connect Kit」Makuakeプロジェクトページ

こちらもどうぞ