星野リゾート初の自転車を楽しむホテル「BEB5土浦」 2020年10月22日グランドオープン

お店訪問, ニュース

日本最大級のサイクリングリゾート「PLAYatre TSUCHIURA」内に位置する星野リゾート初の自転車を楽しむホテル「BEB5土浦」が、2020年10月22日にグランドオープンを迎える。「ハマる輪泊(りんぱく)」をテーマに、自転車に興味のないお客様からサイクリング上級者まで、どんな自転車ニーズにも「ハマる」旅を提案するこれまでにないコンセプトホテルだ。

館内は自転車持ち込みOK

 

星野リゾートが展開するホテルブランドの中でも、「BEB」のコンセプトは「居酒屋以上 旅未満 ルーズに過ごすホテル」。普段の飲み会よりも素敵に、旅よりも気軽に、いつもの仲間と「すきな時に」「すきな場所で」「すきなように」過ごす、新たな旅のスタイルを提案するブランドだ。BEB5土浦は、その中でも自転車を楽しむことに重きをおいた体験を提供する。

ホテルのパブリックスペースは、自転車を持って移動しやすいようにゆとりある設計となっており、滞在中、いつでも自由に利用できる整備コーナー「サイクルスペース」も設置。工具の貸し出しもあるので手ぶらでも利用できる。サイクリストが集まるので情報交換の場としても活用されるだろう。

また、片時も自転車と離れたくない人には「サイクルルーム」がおすすめだ。客室に自転車を持ち込めるだけでなく、サイクルルームに泊まった人だけがレンタルできる滞在着や、愛車(自転車)と添い寝するための寝具セットまでも用意されている。

「輪泊」を楽しめる様々なアクティビティ

もちろんハードウェアだけでなく、自転車を楽しめるここだけのアクティビティも充実している。夜明けとともに自転車で「霞ヶ浦」の朝焼けを見に行くアクティビティ、鍛え上げられた自分の美しいふくらはぎをプロカメラマンに撮影してもらうプラン、サイクリング前後にスマホやタブレットで動画を見ながら行うBEB5土浦オリジナルストレッチなど、さまざまな体験が用意されている。同施設内の「PLAYatre TSUCHIURA」のショップとの協力のもと、思い出に残る自転車旅を提案する。

朝まで過ごせるパブリックスペース「TAMARIBA」

ホテルには24時間営業のカフェを備えた「TAMARIBA」も併設。自転車のディスプレイや、自由に使えるランタンやラグなどの寛ぎグッズが、いつもとはちょっと違った時間を演出してくれる。カフェでは、ワインやビールを量り売りのほか、ミキサーが付いた自転車「フェンダーブレンダー」もある。例えば朝にスムージーの材料を買い、自分の「脚力」で目覚めのスムージーを作れば、ウォーミングアップも兼ねて朝から盛り上がることは間違いない。

チェックアウト時間は「だいたい11時」

BEBブランドのホテルのチェックアウト時間は「だいたい11時」。時間や計画にとらわれず、その時の気分でやりたいことをやる、そんな「ルーズ」な過ごし方ができる。例えば「TAMARIBA」で夜中まで盛り上がり過ぎて、朝寝坊した…という場合でも余裕だ。そんな時の遅めの朝食でも、ボリューム満点のクロックムッシュ、こだわりのブリオッシュキャラメルマキアートなど、「PLAYatre TSUCHIURA」内の店舗で BEB5土浦のゲスト専用のメニューが用意されている。

「星野リゾート BEB5 土浦」施設概要

施設名 :星野リゾート BEB5 土浦
所在地 :〒300-0035 茨城県土浦市有明町 1-30 プレイアトレ土浦3階
施設構成:客室、TAMARIBA(カフェ、ライブラリーを含む)、ショップ、会議室
客室数 :90 室
料  金:1 泊 6,000 円~(2 名 1 室利用時 1 名あたり、税別、食事なし)
アクセス:JR土浦駅直結

こちらもどうぞ