新トライアスロン/TTバイク「Speedmachine01 TWO」発表、F1のレッドブルと共同開発|BMC

ニュース,製品情報


「BMC(ビーエムシー)」から新トライアスロン/TTバイク「Speedmachine01 TWO」が発表された。F1で無類の活躍を見せるレッドブルアドバンスドテクノロジーズとの共同開発により、これまで以上に空力性能を高めたとしている。以下、プレスリリースより。

F1マシンのデザインを手掛ける企業と共同開発

Red Bull Advanced Technologiesとの共同開発は、トライアスロン/TTバイク設計を根本的に見直すことからスタートしました。BMCImpecLab開発チームは、業界をリードするであろうベースとなる新しいアイデアを持ち込み、レッドブルのハイスペックな研究開発能力を最大限に活用し、データ検証を行ってきました。

平均速度時速250km近くで戦うF1の世界のテクノロジーや質量シミュレーション、数値流体力学解析、風洞検証などの研究能力は、私たちは可能性の限界を押しあげ、イノベーションに対して妥協のない新バイクの開発アプローチを共同開発によって成し遂げております。

空気の流れと効率が向上

Speed machineは、最適な空気力学、軽量化、比類のないパワー伝達のための優れた剛性を実現するために専門的に設計されています。強力なエアロ形状のフォ ークとチューブの形状から革新的なシャークフィンに至るまで、あらゆるデザイン要素が空気の流れと効率を向上させます。

新ジオメトリーで安定性がアップ

エアロエクステンションにおける安定性と信頼性を実現する革新的なステアリングジオメトリーと、さまざまな状況での予測可能性を高めるためのチューブ形状の再設計により、新しいシステムは総合的にあらゆる状況で卓越した安定性を提供します。

利便性とメンテナンス性が向上

コックピットのデザインを再考することで、旅行の利便性とメンテナンス性が向上しました。幅広いエクステンション調整を備えた多数のベースバーの選択肢により、Speedmachineのスタック、リーチ、幅が自在に調整可能です。

融合ストレージが補給に対応

進化した融合ストレージにより、ライダーは長距離移動中に水分補給、燃料、必需品に簡単にアクセスできます。このデザインは、1.2Lの燃料タンク、内部ハイドレーションチューブ、空力的に最適化されたリアストレージ、統合されたリアライトを備えています。

ラインアップ

日本国内では、Speedmachine01Twoとフレームセットの2モデルが入荷する。レッドとブラックを基調としたBMCらしいカラーリングが特徴。

Timemachine
Speedmachine01 TWO

予定税込希望小売価格:1,1914,000円
メインコンポ:SRAM Force AXS
カラー:レッド&ブラック
サイズ:S, M, L
クランクセット:SRAM Force AXS Power Meter 48/35T
スプロケット:SRAM Force XG1270 10-30T
チェーン:SRAM Force 12 Speed
メカ:SRAM Force eTap AXS
シフター:SRAM S900 Aero
ブレーキ:SRAM S-900 Aero Disc Brake
ハンドル:BMC Speedmachine Flat Cockpit / Profile Design Aeria Ultimate with Ergo+ armrests and 45/25 SLC Aerobar Extensions
サドル:Fizik Transiro Aeris LD R3-135mm
ハブ:DT Swiss ARC 1650 Disc
リム:DT Swiss ARC 1650 Carbon Disc – 62mm
タイヤ:Pirelli P-Zero Race, 26mm

Timemachine
Speedmachine01 MOD フレームセット

予定税込希望小売価格:1,226,500円

BMC公式サイト

こちらもどうぞ