BROMPTON 2022年モデル発表!2ラインで選びやすく、より都会的な新色も追加

ニュース,製品情報

BROMPTON(ブロンプトン)の2022年モデルが発表された。今回からフレーム素材の違いで2ラインとなり、ハンドルサイズ、ギアの違いで希望のモデルをより選びやすくなっている。

「C」と「P」の2ラインに

2022年モデルから、素材の違いによって以下の2ラインが設定されより分かりやすくなった。

【C Line=Classic】スチールフレームのレギュラーライン
スチールフレームのスタンダードなライン。お好みで選べるギア数と豊富なカラーを用意。レギュラーカラーとブラックエディションあり。

【P Line=Performance】一部のパーツにチタンを使用した軽量ライン
リアフレーム・フロントフォークにチタンを使用した軽量ライン。輪行の多いサイクリストや、より軽快に走りたい場合にオススメ。

またハンドルタイプについては以下に名称変更となった。

Mハンドル=Middleハンドル
Sハンドル=Lowハンドル

今回詳細が発表されたのは「C Line」のレギュラーカラーとブラックエディション。ブラックエディションは11月、レギュラーカラーは2022年1月~2月に発売予定。「P Line」については後日発表となるようだ。

BROMPTON 2022 「C」Line

Regular Colors

<新色>ピカデリーブルー、ファイヤーコーラル

<モデルと価格(税込) >
Urban(2段変速) ¥220,000
Utility(3段変速) ¥231,000
Explore(6段変速) ¥242,000

*価格はMiddleハンドル、Lowハンドル共通 です。
*ブラックラッカーは+¥33,000です。
*Explore(6段変速)のみリアキャリア付き(+¥11,000)があります。
*Explore(6段変速)のみポンプが付属します。

Black Edition

 

<モデルと価格(税込) >
Urban(2段変速) ¥236,500
Explore(6段変速) ¥258,500

*価格はMiddleハンドル、Lowハンドル共通 です。
*フレイムラッカー及びブラックラッカーは+¥33,000です。
*Explore(6段変速)のみリアキャリア付き(+¥11,000)があります。
*Explore(6段変速)のみポンプが付属します。

「C Line」詳細:BROMPTON ホームページ 正規販売店リスト

こちらもどうぞ