Brytonの最新GPSサイクルコンピューター「Rider15 neo」登場 大画面&多機能で見やすく使いやすい!

ニュース, 製品情報

「Bryton(ブライトン)」から、2021年モデル最新機種のサイクルコンピュータ「Rider15 neo」が登場する。サイクリストの目線で、より簡単な操作と機能の向上を目指し開発された Rider15 neo は、クリアな 2 インチスクリーンと 3 つの直感的なボタン、改良されたソフトウェア、21 以上の機能、進行方向の方位表示など、効率的で洗練されたハードウェアデザインとなっている。

より簡単な操作と機能の向上を実現した最新機種「Rider15 neo」

今回発表される「Rider15 neo」は、多機能で耐久性のあるデザイン、高精度位置情報衛星「みちびき」対応など、オンロードでの使用だけでなく、トレイルや山岳コースにも適したモデル。さらに、様々なサイクリング用アクセサリーとのマッチングが可能だ。GPSによる位置情報、速度計測に加え、Bluetooth 方式のスピード、ケイデンス、心拍数の各センサーに対応。もちろん同ブランドの「Bryton Active」アプリへ接続でき、アプリ経由でSTRAVA、Training Peaks、Self Loop、Reliveへの自動同期、データのグラフ形式表示や SMSシェア機能なども楽しめる。2月中旬発売予定だ。

Rider15 neo 特徴

価格:Rider15neo E (デバイス本体+付属品)/7,800円(税別)、Rider15 neo C(ケイデンスセンサー付属)/10,300円(税別)
※2月中旬発売開始予定

2″ クリスタルクリア ディスプレイ

大型 2 インチディスプレイを採用した Rider 15 neo は、大きくなったデータグリッド上で速度データをはっきりと読み取ることができます。高精細ディスプレイにより、光の反射などによる干渉が少なく、どんな環境でも、あらゆる角度からクリアにデータを視認できます。1 ページあたり最大 4 つのデータを表示する画面レイアウトで、リアルタイムのパフォーマンスデータを簡単に把握することができます。

高輝度バックライト

ナイトライドがより快適になります。強力なビルトイン・バックライトを搭載し、コントラストの高いスクリーンは、薄暗いエリアや夜間のライドでもボタンを押すだけで、画面を明るく表示します。

方位の表示

Rider 15 neo はバイクの進行方向の方位を表示することができます。方位は略号(N、W、SEなど)で表示され、不慣れな場所でも大まかに方向を知ることができます。

電源を入れたらすぐに出発!

GPSデータに基づいて位置情報を記録し速度データを表示するため、初めて使う際の初期設定を済ませれば、あとは電源を入れてGPS信号を受信するだけでライドに出かけられます。さらに、Rider15 neo は位置情報に含まれる経度・緯度の情報を元に日出・日没時間を割り出し、バックライトを自動的にオン・オフすることもできます。

サイコンとスマホの良いとこ取り

従来のサイクルコンピュータが持つボタン操作による機能の使用だけでなく、記録したライドデータをBryton Active アプリを経由してスマートフォン上のトレーニングアプリやソーシャルメディアに簡単に共有することができます。使いやすさと便利さを兼ね備えた Rider 15 neo は、サイクルコンピューターのバッテリー寿命と高機能スマートフォンの拡張性を良いとこ取りしたデバイスです。

スマート通知機能

BLE 経由で Bryton Active アプリと接続して簡単なセットアップを行うだけで、Rider 15 neo は画面上にスマートフォン(iOS、Android)への通話、メッセージ、E メールの着信通知を表示します。上位機種譲りのこの便利な機能で、ブライトンユーザーはスマートサイクリングを楽しむことができます。

パワフルなバッテリーと多彩な機能

最大 16 時間の稼働時間を誇る内蔵バッテリーはモバイルバッテリーからの充電にも対応、ロングライドや長時間の山岳ライドを可能にします。21 の機能を搭載する Rier15 neo はブライトンの純正アプリ Bryton Active (iOS、Android)にデータをアップロードすることで、走行したルートの軌跡をはじめ、ライドデータの詳細を表示することができます。

絶対的な精度

GPS(米)、ガリレオ(欧)や日本のQZSS(みちびき)を含む全球測位衛星システム(GNSS)に対応し、木々や建物に囲まれた場所や山の中など、様々な条件の場所で広範囲に使用可能です。

BLE センサーの互換性

様々な周辺機器に対応するため、Rider 15 neo は簡単なペアリングを行うだけで BLE(Bluetooth L.E.)に対応するスピード、ケイデンス、心拍の各センサーと連動することができます。高性能 BLE 5.0 規格でセンサーからのデータを高い精度で受信し記録します。

詳細:Bryton Webサイト Rider15 neoページ(取扱い/フカヤ)

こちらもどうぞ