トップライダー達が競演、ジロ主催者が開催するバーチャルトーナメントレース開催 JSPORTSでも放送

ニュース, イベント情報

ジロ・デ・イタリアなどを主催するイタリアのスポーツイベント運営団体RCSスポーツが、クリスマスイベントとして16名のトップライダーたちによるバーチャルトーナメントレースを開催すると発表した。UCIワールドツアーに参戦するおなじみの選手たちが、山岳、スプリントそれぞれの部門8人ずつ出場し優勝を争う。日本でもJSPORTSが放送予定としている。

ゲイガンハート、ログリッチ、ベネット、ユアンらトップ選手出場

現地時間2020年12月26日に、「THE STARS OF CYCLING SET TO COMPETE IN A CHRISTMAS SPECIAL(ザ・スター・オブ・サイクリング・セット・トゥー・コンペ・インナ・クリスマス・スペシャル)」と題したバーチャルトーナメントレースを、ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポーツが開催すると発表した。ロックダウン中の5月に開催された「THE CHALLENGE OF STARS(ザチャレンジオブスターズ)」と同様のシリーズで、今回も5月と同じく、山岳コースとスプリントコース2つを用意。それぞれ8名のトップライダーが参戦し覇権を競う。出場選手は以下の通りで、今年のジロ・デ・イタリア覇者のゲイガンハート、ブエルタ覇者のログリッチ、ツールポイント賞のベネットなど、まさにトップレベルのライダー達となっている。

クライマー部門

テイオ・ゲイガンハート(英国/イネオス・グレナディアーズ)
プリモシュ・ログリッチ(スロベニア/ユンボ・ヴィズマ)
ジュリオ・チッコーネ(イタリア/トレック・セガフレード)
バウケ・モレマ (オランダ/トレック・セガフレード)
ホアン・アルメイダ(ポルトガル/ドゥクーニンク・クイックステップ)
アロルド・テハダ(コロンビア/アスタナ プロチーム)
ハーム・ファンフック(ベルギー/ロット・スダール)
ベン・ズウィホフ(ドイツ/ボーラ・ハンスグローエ)

スプリンター部門

サム・ベネット(アイルランド/ドゥクーニンク・クイックステップ)
アルノー・デマール(フランス/グルパマ・FDJ)
カレブ・ユアン(オーストラリア/ロット・スーダル)
パスカル・アッカーマン(英国/ボーラ・ハンスグローエ)
ティム・メルリエ(ベルギー/アルペシン・フェニックス)
ベン・スウィフト(英国/イネオス・グレナディアーズ)
サーシャ・モードロ(イタリア/アルペシン・フェニックス)
マッズ・ピーダスン(デンマーク/トレック・セガフレード)

コースはバーチャルサイクリングプラットフォーム「bkool」内に造設。ヒルクライム部門は、イタリア屈指の名物スポット「ステルビオ峠」をイメージした距離2.9㎞、平均勾配8.69%、最大勾配12.75%のコース。スプリンター部門は距離1.2㎞、平均勾配0.97%、最大勾配2.53%のコースとなっている。レースの模様は12月26日中央ヨーロッパ時間17:00(日本時間27日1:00)からジロ・デ・イタリアのFacebookページで放送される。なお公式発表では、世界でのテレビチャンネルの放送予定にJSPORTSも入っており、なんらかのかたちで放送されるもようだ。

詳細:ジロ・デ・イタリア Facebookページ

こちらもどうぞ