SuperSix EVO CanbonDisk 105モデルに新色「レインボートラウト」登場|キャノンデール

ニュース, 製品情報

「Cannondale(キャノンデール)」から、SuperSix EVO のディスク仕様完成車の中でのリーズナブルなモデルに新色「レインボートラウト」が追加される。シマノ製の「105」をメインコンポ―ネントと全7サイズの幅広い展開に、トレンドカラーが加わって、ますます選びやすい1台になった。

新色は光の加減で虹色に輝く「レインボートラウト」

 

キャノンデールの「SuperSix EVO」 は、旧型で親しまれた軽くスムーズかつ俊敏なライドフィールを継承しつつ空気抵抗を大幅に削減するチューブデザインを採用した本格的なロードバイク。今回新色が発表された完成車モデルは、シマノ製の「105」をメインコンポ―ネントに、全7サイズ展開(44, 48, 51,54, 56, 58, 60)と、価格と仕様両方で、初めてのカーボンバイクとしての選びやすさを重視したアセンブリーとなっている。新色は、清流を生き生きと泳ぐニジマスのように光の加減で虹色に輝く「レインボートラウト」。

SuperSix EVO Carbon Disc 105 商品特徴

SuperSix EVO Carbon Disc 105

価格:\ 297,000(税込)
タイヤ:700 x 25c
カラー:レインボートラウト(RBT)
サイズ:44, 48, 51, 54, 56, 58, 60
※サイズによって入荷時期が異なります。予めご了承ください。

相反する軽量性とエアロダイナミクスを究極のバランスで実現

軽量性とエアロダイナミクス両方のバランスを考慮し、新型スーパーシックス EVO では、以前のフレームに匹敵する軽量性、剛性、ライドフィールを実現しつつ、空気抵抗を削減するエアロチューブを採用。新しくデザインされたフレーム、フォーク、シートポストが相互に連携して最適なパフォーマンスを実現するシステムインテグレーションとなっている。これらの開発努力が実を結び、時速 48km で前作モデルよりも空気抵抗を30ワット分削減する、現在市販されている軽量ロードバイクの中で最速のバイクが完成した。

新機構採用によりさらに高い快適性能をプラス

新型SuperSix EVO は、初代からスムーズで優雅なライドフィールが高く評価されているモデルでしたが、新型モデルは前作よりもさらにスムーズな走りを実現する。新しいインテグレートシートバインダー、27 KNØT シートポストにより、路面追従性が 18% 向上。さらにフレームには30mm のタイヤを装備できる十分なクリアランスを確保している。

外部リンク:Cannondale SuperSix EVO Carbon Disc 105

 

 

問:キャノンデール・ジャパン
https://www.cannondale.com/

こちらもどうぞ