新MTB「Trail 7.1」発表!トレイルも街乗りもこなせる機能性とデザイン|Cannondale

製品情報

「Cannondale(キャノンデール)」の「Trail」が刷新された。トレイルライドから街乗りまでこれ1台でこなせるユーティリティ性が特徴だ。以下、プレスリリースより紹介。

マウンテンバイク本来のワクワクと、通勤通学に使える万能なマウンテンバイク

「Trail 7.1(トレイル7.1)」は、どこを乗っても楽しめる、初めてのオフロードでも、ちょっとした冒険でも、あらゆる可能性と笑顔に出会える1台です。フロントギアはシンプルなシングルギア、リアは初心者でも扱いやすい8段変速。どんな体型のライダーにも最高のフィット感、スピード、楽しさを提供するため、XSとSサイズには27.5インチ、M~XLサイズには29インチタイヤを採用しています。フレームカラーはブラックとグリーンの2色展開。どんなシーンにも溶け込むフレームデザインに仕上げられています。

Trail 7.1

価格:69,300円(税込)
フレーム:SmartForm C3 Alloy
フォーク:SR Suntour XCT DS, 100mm, coil
ブレーキ:Tektro hydraulic disc
リアコグ:microSHIFT, 12-42, 8-speed
タイヤ:WTB Ranger Comp, 29×2.25″ (27.5×2.25″ ‒ XS, SM)
サイズ:XS, S, M, L, XL
カラー:Black, Green

詳細:Trail 7.1ウェブサイト(キャノンデールホームページ)

こちらもどうぞ