「キャニオン持ち込みメンテナンス対応ショップ」日本全国50店舗のリストをマップで公開|CANYON

製品情報

©️Kei Tsuji

スポーツバイクの開発・生産・販売・サポートを自社一貫で手掛けるドイツ発のメーカー「CANYON(キャニオン)」。全国各地でメンテナンス対応を行うパートナーのプロショップが50店舗に到達し、今回リストを公開した。以下、プレスリリースより紹介。

スポーツバイクの開発・生産・販売・サポートを自社一貫で手掛けるキャニオン。2014年には、日本のユーザーとダイレクトなコミュニケーションを取る拠点として京都にキャニオンジャパンサービスセンターを開設しました。サービスセンターでは在庫スペアパーツの代引販売や有資格メカニックによるオーバーホールといったアフターサービス、そしてチャット、電話、メールでの問い合わせや試乗会の開催といったメーカーダイレクトのカスタマーサポートを行なっています。

京都のキャニオンジャパンサービスセンターには有資格メカニックが2名在籍、オーバーホールや製品保証対応を行なっている。ⓒKei Tsuji
京都のキャニオンジャパンサービスセンターでは主要スペアパーツを在庫。代引きでの販売を行なっている。ⓒKei Tsuji

また、キャニオンのビジネスモデルに呼応し、優れたメカニック技術やサービスを提供する全国各地のプロショップとのパートナーシップである「キャニオン持ち込みメンテナンス対応ショップ」の拡大にも努めてきました。

「キャニオン持ち込みメンテナンス対応ショップ」が50店舗に到達 

初期からの「キャニオン持ち込みメンテナンス対応プロショップ」である、東京都のEFFECT。キャニオンユーザーからの信頼も厚い。Copyright: EFFECT

そして今回、日本全国でその数は現在50店舗に達しました。「キャニオン持ち込みメンテナンス対応ショップ」のネットワークは、ユーザーの近くで優良なメカニック技術とサービスをスポーツバイクのメーカーを問わず提供できるプロショップの目印であり、ロードバイクやMTB、グラベル、シクロクロスにトライアスロンと、個性豊かなサイクリング文化の全国各地の拠点ともなっています。キャニオンユーザーも、それ以外のスポーツバイクメーカーのユーザーも、日常のメンテナンスやオーバーホールの際には気軽に相談できます。

持ち込み時の注意事項
・必ず事前連絡して、訪問のご予約をお取りください。
・メンテナンス費用や期間の見積もりには、ショップにて実車の確認が必要です。
・繁忙期や整備内容によっては、メンテナンスを承れない場合もございます。
・ショップではキャニオンスペアパーツの在庫はしておりません。お客様ご自身により、キャニオンジャパンサービスセンターへご注文ください。京都で在庫のある主要パーツについては代引き販売しております。
・メンテナンスはお客様の判断でご依頼いただくものです、ここに記載以外のショップへご依頼いただいても問題ございません。
・製品保証に基づく修理対応は、必ず事前にキャニオンジャパンサービスセンターへご連絡ください。
・キャニオン公式ストアでバイクをご注文いただき、ショップへの直送をご希望の場合は、事前にご希望店へ直送可能かお確かめください。商品受取り時に、輸入消費税の支払いが現金で必要となります、費用の支払い方法や組立工賃等ご確認ください。そのうえでご注文時に、請求先にお客様住所を、配送先にショップ住所を記載してください。※請求先にショップ情報を記入した場合、お客様の名義では保証が受けられなくなりますのでご注意ください。
・ご不明点は京都のキャニオンジャパンサービスセンターまでお問い合わせください。
https://www.canyon.com/ja-jp/contact/

「キャニオン持ち込みメンテナンス対応ショップ」リスト(GoogleMap:2022年6月27日現在)

こちらもどうぞ