CANYONのクロスバイク「ROADLITE」シリーズ2021年モデル発表 全モデル油圧ディスクブレーキ搭載

ニュース, 製品情報

ドイツのハイエンドバイクメーカー「CANYON(キャニオン)」から、フラットバーの街乗り向けバイク「ロードライト」シリーズの2021年モデルが発表された。普及価格帯ながら、10万円以下のモデルでも車体重量10kg以下を達成しているなど、トッププロチームが評価するキャニオンの技術が惜しげもなく注ぎ込まれている。

一新されたグラフィック、走行性能と軽さを追求した設計

2021モデルのロードライトシリーズは、ドイツブランドらしい「質実剛健」新デザインを採用。走行性能と軽さを追求し、通勤やフィットネス用途における高性能を実現しているという。また全モデル油圧ディスクブレーキ採用で、条件を問わず信頼性の高い制動力が得られる。 また「7」以上のモデルにはステム一体型ハンドル、スルーアクスルを装備し、さらなる軽さ、俊敏なハンドリング、スムーズなルックスを獲得している。

予算に応じて選べるラインアップと幅広いサイズ展開

ロードライトシリーズでは99,000円から379,000円まで豊富な価格帯をラインアップ。すべてのモデルにキャニオンの最先端技術が注入されている。例えば、エントリーモデルの「ロードライト 5」でも軽量アルミフレームにより10kgを切る完成車重量を実現。「CF」モデルではカーボンフレームの採用で軽量化を追求、上級グレードのパーツを採用している。中でもハイエンドのロードライト「CF 9 LTD」は、超軽量8.26kgを実現している。

また女性向け「WMN」モデルもラインアップ。ユニセックスモデルと合わせ、身長約150cmから200cm以上のライダーまで、幅広いサイズを展開している。

エントリーモデルながら軽量アルミフレームによる9.90kgの完成車重量と、高い走行性能を備える「ロードライト 5」 99,000円
軽量アルミフレームにロードバイク用コンポーネントShimano 105を搭載。完成車重量は9.90kg。「ロードライト 6」 119,000円
スルーアクスル化した上級アルミフレーム、ステム一体型ハンドルにロードバイク用コンポーネントShimano Ultegraを搭載。完成車重量は9.20kg。「ロードライト 7」 149,000円
フルカーボンフレームに、無線電動コンポSRAM X01 Eagle AXS、フルカーボンホイールを装備。完成車重量は8.26kg。「ロードライト CF 9 LTD」 379,000円

メーカー直販ならではのサイズ診断システムと、30日間返品保証

キャニオンは販売店経由ではなくメーカー直販で直接配送することが特色だが、独自の「パーフェクトポジショニングシステム(PPS)」を使用すれば、約5分でサイズ診断することが可能。身長と股下寸法を入力するだけで、長年、全世界からのオンラインサイジングで収集したデータを活用し信頼できるポジション出しが行えるという。また商品到着後30日以内であれば返品を受け付けるので、万が一、フレームサイズが合わなかったりカラーが気に入らなかったという時でも安心だ。

キャニオン公式ストア パーフェクトポジショニングシステム(PPS)
https://www.canyon.com/ja-jp/buying-tools/positioning-system/

キャニオン公式ストア 30日間返品保証
https://www.canyon.com/ja-jp/buying-tools/positioning-system/

CANYON ROADLITE ラインアップ

ロードライト 5 / SRAM Apex 1 / 9.90kg / 99,000円
ロードライト 5 WMN / SRAM Apex 1 / 9.80kg / 99,000円
ロードライト 6 / SHIMANO 105 / 9.90kg / 119,000円
ロードライト 6 WMN / SHIMANO 105 / 9.75kg / 119,000円
ロードライト 7 / SHIMANO Ultegra / 9.20kg / 149,000円
ロードライト CF 8 / SHIMANO Ultegra / 8.82kg / 209,000円
ロードライト CF 8 WMN / SRAM NX Eagle / 9.11kg / 189,000円
ロードライト CF 9 LTD / SRAM X01 Eagle AXS / 8.26kg / 379,000円

(いずれも税・送料別)

詳細:キャニオン公式ストア 「ロードライト」シリーズ

こちらもどうぞ