2022モデルのトレイルマウンテンバイク「スペクトラル」登場|CANYON

ニュース,製品情報

©️Canyon Bicycles

「CANYON(キャニオン)」から、トレイルマウンテンバイク「スペクトラル」の2022年モデルが発表された。今シーズンは29インチに加え、27.5インチ、前後異径ホイール「マレット」搭載モデル、ジュニア世代用バイクまで出揃っている。以下、プレスリリースより紹介。

キャニオン史上最も多用途なトレイルバイク「スペクトラル」

©️Canyon Bicycles

2020年、キャニオンは全く新しいトレイルマウンテンバイク、スペクトラル29CFを発表しました。この150mmトラベルのオールラウンダーは、キャニオン史上最も多用途なトレイルバイクの一つです。どんなことにも挑戦でき、速く、正確で、非常に高い能力をもっています。キャニオンではこのバイクを、「あらゆるトレイルにこれ1台」のバイクと呼びました。

しかし、どんなに優れたMTBでも成し得ないことがあります。それは、ライダー一人ひとりの好みやニーズ、スタイルへの対応です。なぜなら結局のところ、私たちは皆、自分のやり方で行動するからです。全員がカーボンフレームの29インチホイール仕様を求めているわけではありません。スタイルが違えばホイールサイズも違います。また、なかには予算に合わせてアルミの実用性を好む人もいます。

それでは次に、キャニオンが考えたことは何だと思いますか?

その答えは、スペクトラルシリーズにこれまで以上に幅広く多様なモデルが加えて、もっと多くの人に選択肢を提供できるようにするということです。私たちが言っているのは、どんなトレイルにも1台のバイクで対応できるということではありません。誤解しないでほしいのですが、私たちは今でも、ガレージに1台だけバイクを置くとしたら、スペクトラルがその1台だと信じています。新しいラインナップでは、あなたのライドスタイルに最も合致する1台を選ぶことができます。それでは、スペクトラルの新しいラインナップをご紹介しましょう。どんなトレイルも、スペクトラルファミリーで!

2022モデル「スペクトラル」ファミリーの特徴

ホイールサイジングの多様化

マレット仕様のCF 8 CLLCTV ©️Canyon Bicycles

まずは今MTB界で最もホットな話題の一つである、ホイールサイジングから始めましょう。スペクトラルシリーズは、29、27.5、マレット(フロント29、リア27.5)という現代のライダーが期待するすべてのオプションを用意することで、すべての議論を排除し、物事をシンプルかつ普遍的に保ちます。その理由は? それは、MTBには驚くほど多様なスタイルがあること、そしてすべてのライダーが自分にあったセットアップを選択できるようにするためです。29インチホイールセットアップのロールオーバー、トラクション、信頼性。27.5インチホイールの敏捷性、正確性、遊び心、またはマレット(フロント29、リア27.5)の刺激的な楽しさなど、すべてのライダーが自分のトレイルを自分のやり方で走ることができるようになりました。

アルミフレーム「スペクトラルAL」をフルモデルチェンジ

©️Canyon Bicycles

費用対効果に妥協したくないライダーへ、真のトレイルパフォーマンスを提供するために。「スペクトラルAL」は、カーボンフレームのCFモデルとほとんど変わらない感覚で走行できるよう設計された、全く新しいアルミフレームモデルです。そのために、ALにはアルミ専用の高度な製造プロセスとデザインイノベーションを投入しています。まず特注チューブプロファイルを採用し、チューブの断面はCFよりも直線的で、全体的に有機的なフォルムとなっています。その理由は? それは最高のALバイクを作るためには、素材をカーボンと同じように扱うことはできないからです。従来モデルと同等の3kg強というフレームの重量を増やさずに、剛性、ハンドリング、パフォーマンスを全面的に向上させています。最終的に、新型スペクトラルALとCFのバイクは、見た目がこれほど違うのに、乗り心地はとても近いものになったのです。

カーボンフレーム「スペクトラル27.5CF」もフルモデルチェンジ

©️Canyon Bicycles

2020年に発表された現行「スペクトラル29CF」からすべての機能上の特長を受け継ぎ、27.5インチホイールに最適化した「スペクトラル27.5CF」が新発売。小柄なライダーや、テクニカルな里山トレイルでのライディング、スピードよりも扱いやすさを重視するライダーのために最適なモデルとなっています。

ハイエンド「スペクトラル29CFR」新登場

©️Canyon Bicycles

最高のものを求めるライダーのために、フラッグシップモデルのCFRも登場しました。スペクトラルCFRは、デザイン、エンジニアリング、装備に徹底的にこだわり、すでに軽量なスペクトラルCFフレームから300gもの大幅な軽量化を実現。さらに、剛性や強度の低下もありません。DT Swissのカーボンホイール、Shimano XTRのシフティング、FOX Float X Factoryのサスペンションなど、ワールドクラスのコンポーネントを採用することで、CFRは上り坂をハイスピードで駆け上がり、下り坂では他のどのバイクよりも俊敏で正確、かつ遊び心のある感覚を得ることができます。あらゆる意味でワールドクラスのトレイルバイクです。

身長145〜160cmに対応するジュニア世代向けモデルも新登場

©️Canyon Bicycles

身長145~160cmのライダーに最適な、スペクトラル・ヤングヒーロー。Copyright: Canyon Bicycles
「スペクトラル・ヤングヒーロー」は、キャニオンエンジニアチームが自分たちが子どもの頃に夢見たフルスペックのジュニア世代向けトレイルバイクです。身長145~160cmのライダーに適しており、小柄なライダーがトレイルを上ったり下ったりするのを楽しめるよう、本格的スペックを備えています。スペクトラル・ヤングヒーローは、大人用のバイクよりもわずかにトラベルが少ない(フロント150mm、リア140mm)ですが、体重の軽いライダーのために特別に設計されたキネマティクスを採用し、サスペンションのトラベルを最大限に活用できるようになっています。

CANYON SPECTRAL Family

スペクトラル・ヤングヒーロー | SRAM SX Eagle | 209,000円*
スペクトラル29AL5 | Shimano Deore | 289,000円*
スペクトラル27.5AL5 | Shimano Deore | 289,000円*
スペクトラル29AL6 | SRAM GX Eagle | 349,000円*
スペクトラル27.5AL6 | SRAM GX Eagle | 349,000円*
スペクトラル29CF7 | Shimano SLX | 409,000円*
スペクトラル27.5CF 7 | Shimano SLX | 409,000円*
スペクトラルマレットCF8コレクティブ | Shimano Deore XT | 459,000円*
スペクトラル29CF8 | Shimano Deore XT | 509,000円*
スペクトラル27.5CF8 | Shimano Deore XT | 509,000円*
スペクトラル29CF9 | SRAM GX1 Eagle AXS | 639,000円*
スペクトラル27.5CF9 | SRAM GX1 Eagle AXS | 639,000円*
スペクトラル29CFR | Shimano XTR | 749,000円*

*表示価格について
ドイツから日本への配送料 ¥21,500 が別途かかります。またキャニオンの購入は、お客様がドイツ・キャニオン社から直接購入し、お客様が個人輸入される形態となります。日本の消費税をキャニオン社は領収しないため、表示価格には日本の消費税は含まれません。消費税額は輸入通関時に税関で個別に決定されるため、事前に税額をご案内することはできません。なお、自転車の関税は無税となっております。消費税はお客様がご注文品を受け取る際、配達員の方へ現金でお支払いいただきます。

詳細:キャニオン公式ストア スペクトラルシリーズ特設ページ

こちらもどうぞ