過去の名レースを無料配信 世界選手権やロンド・ファン・フラーンデレンのあのシーンをもう一度

ニュース, イベント情報

新型コロナウイルスの影響で、他競技と同様にすべての試合開催が止まっている自転車界。ファンを少しでも楽しませようと、競技団体、レース主催者らが過去のレース映像の無料配信を行い始めた。ご存知の人も、未見の人も、今しか見られない名レースのあのシーンを楽しんでみてはいかがだろうか。

UCIが過去の世界選手権を限定配信

各国の競技団体を統括するUCI(世界自転車競技連盟)は先日より、自身のFacebookページで「Watchback Series」と題し、過去レースの配信を始めた。対象はトラック世界選手権、ロード・タイムトライアル世界選手権で、現在まで2002年、2004年、2005年、2007年、2014年の模様が視聴できる。

📺Watchback Series | Men Elite Road Race, 2014 UCI Road World Championships

📺Watchback Series | Men Elite Road Race, 2014 UCI Road World ChampionshipsTune in from 18:00 CET on Sunday April 12th to rewatch the last two hours of the Men Elite Road Race at the 2014 UCI Road World Championships!

UCIさんの投稿 2020年4月12日日曜日

ロンド・ファン・フラーンデレン主催者団体が過去の名レースを配信中

コロナ禍がなければ、4月のこの頃は「パリ〜ルーベ」「アムステル・ゴールドレース」「フレッシュ・ワロンヌ」などベルギー、オランダを中心としたワンデーレース真っ盛りのはずだった。その中でも『クラシックの王様』と言われる「ロンド・ファン・フラーンデレン」を主催するフランダースクラシックスが、過去の名レースをアーカイブ配信している。

現在は2010年代の歴代レースを振り返るかたちとなっており、この年のフランドル・クラシック4つを全制覇する偉業を成し遂げた2012年のトム・ボーネン、連覇を達成しモニュメント最後の優勝となった2014年のファビアン・カンチェラーラ、待望の初優勝となった2016年のペテル・サガンの勇姿のほか、2017年〜2019年の最近年のレースも配信中だ。

コロナ禍のためとはいえ、こうした過去レースがフルタイム配信されることは珍しい。いずれも今後、配信レースが増えると思われるので、自宅での過ごし方のひとつとして楽しんでみてはいかがだろうか。

外部リンク:UCI フェイスブック公式ページ

外部リンク:フランダースクラシックス 公式YouTubeチャンネル

こちらもどうぞ