日本発、メンテナンスフリーの個性的な電動アシスト自転車「COOZY」

ニュース, 製品情報

新型コロナウイルス感染を避けるため、「密」を避けられる自転車通勤が注目されている。各自転車販売店のここ数カ月の売上も軒並み急激な伸びを示し、中古販売店にも顧客が殺到する状況だ。そんな中、機能的でオシャレなフォルムを持つ日本発の電動アシスト自転車がクラウドファンディングサイトに登場した。

個性的かつオシャレなフォルム

現在大手クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援を募集中なのは、wimo株式会社が提供する「COOZY」。自転車のデザイン経験のある工業デザイナーなど多くの専門家が手がけた機能的かつ、オシャレなフォルムが特徴だ。前輪駆動で登坂しやすくするなど、自転車としての「走力」もしっかり設計されている。

長持ちバッテリーとベルトドライブ採用でメンテナンスフリー

「COOZY」には、長く使い続けるための気づかいも盛り込まれている。例えば、駆動部はチェーンではなくポリウレタンを採用したドライブベルトに、クランクセットにはアルミ合金カバーを取り付け、トラブルやメンテナンスの機会をできるだけ少なくするよう設計。またフレーム直下に取り付けるバッテリーには安全性の高いパナソニック製リチウムイオン電池を搭載。一回の充電で最大100km走行(ECOモード)可能だ。

同社では、「COOZY」は都心でのご利用を想定し、アシスト比は平地向けのセッティングとして時速15km~20kmくらいまでの巡行に向いているとしている。タイヤ径は大きくないがギア比が高めで、ペダルひとこぎでしっかりと前に進むよう設計しているという。現在特別割引、台数限定の支援オファーをMakuakeで受付中だ。

外部リンク:Makuake「COOZY」プロジェクトページ

 

こちらもどうぞ