深部温度モニタリングセンサー「CORE」日本での販売開始、トレーニングにも体調管理にも有効

製品情報

スイス発のリアルタイム深部温度モニタリングセンサー「CORE」が日本での販売を開始した。深部体温はスポーツ目的だけでなく、熱中症や感染症の重症度判定の参考にできる可能性や、日々の健康管理における指標としての有効性が期待されている。以下、プレスリリースより紹介。

深部体温の「可視化」が、トレーニングや日常生活を変える

COREは運動時や日常生活において正確に深部体温を測定することができるウェアラブルセンサーです。
暑い日に運動するとパフォーマンスが落ちる、また無理をすると熱中症になりかねないということはご存知かと思いますが、心拍計のような手軽に測れるデバイスはなく、暑い日に練習する事によって体を慣らすなど感覚的な対策のみでした。

しかしCOREによってリアルタイムで深部温度をモニタリングできるようになり、どの体温レベルでトレーニングするかという指標ができるようになりました。
COREの開発のきっかけはスポーツでしたが、深部温度を手軽に測定できることはスポーツの枠を超えた活躍の可能性もあり、欧米では各企業が従業員の健康管理などの用途での導入にも強い関心を寄せられています。

 

COREは小さなチップでクリップ形状になっており、心拍センサーのようにベルトなどに装着して手軽に使用できます。
BluetoothとANT+に対応していて、スマートフォン、スポーツウォッチ、スポーツデバイスと同期させて使用いただけます。

現在対応しているデバイス
・GARMIN
・Apple Watch
・Wahoo
・COROS
・Suunto

パフォーマンスのカギを握る深部温度

運動において深部温度とパフォーマンスの関係は深く、ある一定の体温を超えるとパワーが低下すると言われています。
深部温度の変動には個人差があるため、自分に合った深部温度ゾーンを知り、それを維持することが最大限のパフォーマンスの発揮につながります。

運動=体温上昇→上昇し過ぎるとパフォーマンスは低下します
運動=体温上昇→上昇し過ぎるとパフォーマンスは低下します

深部温度を可視化することで、ストレス(疲労)、熱順化の状態がどうか、最適なペース配分や休息を実現できているかなど、多くのスポーツで役立つ情報を得ることができます。
また暑さに強くなるだけだはなく、パフォーマンス自体も向上します。
人間の体は熱ストレスを感じると、血中の血漿(けっしょう)を増やします。
これにより血中成分のバランスが崩れこの乱れを整えるためにヘモグロビンを生成します。
酸素を運搬する血中のヘモグロビンが増えることにより、暑さに強くなるだけではなくパフォーマンス自体も向上します。

COREを愛用する世界のトップアスリート

COREはプロアスリート・オリンピックメダリストも導入しており注目されています。
東京オリンピックトライアスロン金メダリスト、クリスティアン・ブルンメンフェルトや東京オリンピック自転車ロードレース金メダリストのリチャル・カラパスとアナ・キーゼンホーファーもCOREを使用して金メダルを獲得しています。
COREの信頼性は高く多くのトップアスリートに採用されています。

CORE 製品情報

価格:37,400円(税込)
サイズ:50mm×40mm×8.35mm
重量:12g
充電池:連続6日間センシング(スリープモードで最長6週間) ※条件による
充電式:付属のUSBケーブルで充電
無線通信:Bluetooth BLE及びANT+
互換アプリ:iOS、Android、WatchOS、Wear OS、Garmin ConnectIQ

問い合わせ/WINSPACE JAPAN

こちらもどうぞ