【CYCLEMODE TOKYO 2022】現地より速報レポート①:必見おトク情報

ニュース,イベント情報

本日より始まった、日本最大級の自転車展示・試乗会「CYCLEMODE TOKYO 2022」。先程初日が終了したが、明日来場予定の方、または検討中の方にと参考になればと、現場から各ブースの情報をお届けする。まずは試供品やセールなどのオトク情報から。

GACIRON

最近、コストパフォーマンスの高さで人気のライトブランド「GACIRON(ガシロン)」では、各日3回じゃんけん大会を実施。勝ち抜いた1人に豪華賞品が当たる。早めに行けば複数回チャレンジ可能なので覚えておいて損はない。

アミノバイタル

おなじみアミノバイタルのブースでは、公式アプリダウンロード、先日運営開始したコミュニティサイトの登録、Twitterフォローのどれかひとつを行えばサンプルがもらえるそうだ。

PycnoRacer®️(ピクノレーサー)

PycnoRacer(ピクノレーサー)では、特に条件や制限はなくサンプルを無料配布していた。興味のある人は是非寄ったほうがいいだろう。

SHIMANO

シマノのブースでは、昨年発表した新デュラ/アルテグラのコンポーネンツを体験できる試乗車を提供しているが、それとは別にアンケートに答えると先着600名にオリジナルグッズが当たる企画を実施中だ。

COCOMI

大手繊維メーカー東洋紡が、ヘルスケアやスポーツ向けに展開しているセンシングウェア「COCOMI(ここみ)。こちらでは、サイクリスト向けのスポーツモデルの新色アンケート企画を行なっていた。候補の4色のどれが欲しいかをアンケートで答えると、その場でゼリー飲料などをもらえるほか、さらに抽選で25名にプレゼントが当たるという。なお「COCOMI」は測定結果を収集しデータ化するデバイスは販売せず、各社が出しているデバイスに対応するかたちをとっており、現在心拍計を使っているサイクリストも、自身の持っているウェアが対応していればウェア以外の出費はおさえられる汎用性の高い仕様だ。

CROMO(クロモ)

フレーム内にバッテリーを内蔵し、スマートなフォルムと折り畳みの利便性を両立させているe-Bikeブランド「CROMO(クロモ)」。ブースでは、各日先着100名限定で、SNSアカウントフォローでオリジナルバッグがもらえる企画を実施していた。

FORCE

FORCE(フォース)では、Instagramフォローで毎日先着500名にステッカープレゼントの企画を実施中だった。

現場からの取材レポートは随時別記事で更新予定。引き続きチェックしてほしい。

こちらもどうぞ