Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新着ピックアップ

アプリ『自転車NAVITIME』がアップデート、検索道路が従来の4倍に

ニュース

ナビタイムジャパンは2019年7月30日、自転車専用ナビゲーションアプリ『自転車NAVITIME』のアップデートにより経路品質が向上し、より小道やサイクリングロードに沿ったルート検索が可能になったと発表した。

NVIDIAのGPU技術を活用し、トンネル側道も検索対象に

ナビタイムジャパンでは、独自調査により地図データを地道に収集・整備することで、自転車経路を2010年9月より提供している。自転車経路はこれまで特に中長距離のルートの場合、広範囲の地図を短時間で検索する代わりに、検索対象の地図階層データおよび階層内の一部道路を制限していた。したがって進行方向にトンネルがある場合、その隣に走行可能な側道があっても考慮されず、大きく迂回するルートを表示してしまうことがあった。

検索対象の地図階層データを制限していた理由は、自転車向けの経路を検索する場合、サイクリングロードや自転車専用道など自転車特有の情報を含むため、車や徒歩に比べて考慮すべきデータ量が増大するため。同社は今回の経路探索エンジン更新で、NVIDIAのGPUによる画像処理技術を活用した地図階層データの同時並列処理を実現。一度に検索できる道路対象を従来の4倍に増やした。課題たっだトンネル側道もルート対象とし、より多様なルートを選択できるようになったという。なおこの分野でNVIDIAの技術を活用したのは日本初となる。

外部リンク:自転車ナビタイム iOS版 | Android版