電動自転車の「サブスク」サービス開始 現行モデルの新車が月額相当最安980円|e-CHARIty

ニュース, 製品情報

中古電動アシスト自転車の販売を行うイーチャリティが、電動アシスト自転車専門のサブスクリプションサービスを開始した。サービスエリアは首都圏・関西圏の一部だが、エリア内なら送料別途で最低月額980円からレンタルできる。車種は通学通勤向けから子乗せ、ロードバイクタイプまで幅広く用意されている。

主要メーカー現行モデルの新車をラインアップ
色・サイズ選択や、オプションの取り付けも可能

同社が12月1日から始めたのは「電動自転車のサブスク」サービス。Webサイトでレンタルしたい車種を選択し申し込みまで完了できる。車種はすべて新車で、ヤマハ・パナソニック・ブリヂストンといった主要メーカーの現行モデルから選べ、色・サイズの選択や、オプションの取り付けも可能だ。レンタルは1年単位が基本となっているが、月額に換算すれば最低金額980円からだという。利用中のサポートプログラムもオプションで用意されており、半年ごとの定期点検の実施や月2回までの出張修理費、代車貸出といったサービスを提供。盗難や事故にあった際の補償も別途料金にはなるがサービスに追加可能。サービスエリアは首都圏と関西圏の一部のみだが、往復送料5,000円を支払えば、エリア内なら店頭に取りに行かずとも利用開始できる。

外部リンク:e-CHARIty 電動自転車レンタル

こちらもどうぞ