スタイルとテクノロジーを備えたスマートなホイールオントレーナー「TUO(トゥオ)」

ニュース, 製品情報

モダンで美しいプロダクトデザインと最新機能性を両立させるホームトレーナーメーカー「ELITE」から、新しいホイールオントレーナー「TUO(トゥオ)」が発表された。スリムでスマートなボディながら、最新機能の数々を搭載した非常にコストパフォーマンスの高いモデルだ。

機能美あふれるデザインに先端テクノロジーを投入

今回発表されたホームトレーナー「TUO(トゥオ)」は、リアホイールを両サイドから挟み込み、タイヤを負荷装置に押し当てるクラシカルなホイールオントレーナー。しかしこのボディは、さまざまな規格に対応する双方向通信機能を備え、エリート純正の高機能トレーニングアプリ「my-E-Training」やサードパーティ製の「ZWIFT」、「TrainerRoad」などアプリを使ったさまざまなトレーニングが可能となっている。

またその際に必要不可欠なパワー値の測定に関して、拡張性と正確性を備えているのも特徴だ。すでにバイクに既に取り付けられているパワーメーターのデータを利用し自動負荷調整を作動させることも、TUO独自搭載の磁気抵抗ユニットを利用してパワーデータを測定することも可能だ。どちらの場合でも、常に一貫性のあるデータでトレーニングすることができるようになる。磁気抵抗ユニットの精度は±5%以内の誤差に収まるようキャリブレーションされているという。シンプルかつコンパクトな機構ながら最大10%の登板まで負荷を再現でき、さまざまなバーチャルライドはもちろんハードなインターバル・トレーニングなどにも必要十分な負荷を提供する。なお気になる静粛性は、ELITE独自のエラストゲルを採用し摩擦音を大幅に減少、タイヤの摩耗も20%低減している。

TUOの機能美溢れるデザインは、インテリアやファニチャーデザインを得意とし、欧州の様々な有名企業と共同で製品開発を手掛ける「Adriano Design」の協力のもと開発されたもの。リビングルームなどに置いてあっても他のインテリアに溶け込むような美しさだ。一般的なダイレクト・トランスミッション方式のインタラクティブトレーナーのおよそ半分から2/3程度の重量で、簡単にセットアップできるだけでなく、コンパクトに収納できるのも嬉しいポイントだ。

TUO(トゥオ)

設置サイズ:680×690×410mm、収納サイズ:430×315×560mm
重量:約10.3kg
自動負荷・最大再現勾配10%
ANT+ FE-C、Bluetooth Smart 双方向通信(スピード、ケイデンス、出力を送信)
パワーメーターリンク搭載
磁気抵抗ユニットによる出力計測(誤差±5%)
130-135mmQR、142-142mmTA 対応
付属品:my E-Training1年間無料ライセンス
※近日入荷
税抜価格:¥60,000円

問い合わせ:カワシマサイクルサプライ(日本取扱代理店)

こちらもどうぞ