新着ピックアップ

エネルギー大手JXTGとシェアサイクル大手が協業、2023年にも事業開始へ

ニュース

エネルギー大手のJXTGホールディングス(HD)は2020年1月31日、国内シェア自転車大手のOpenStreetと協業すると発表した。2023年を目処に太陽光発電や蓄電池を活用したシェア自転車事業のほか、移動データを活用した新たなサービスの構築を目指す。

シェアサイクルスポットへ再生エネルギーを供給

協業で設置するシェアサイクルステーションのイメージ

JXTGHDは同日、子会社の投資会社を通じオープンストリートへ出資した。出資比率は非公表。OpenStreet社はヤフーの子会社が株式の過半数を所有する会社で、国内200超の自治体で電動自転車のシェアサービス「HELLO CYCLING」などを展開している。JXTGは今後、再生可能エネルギーで生成した電気の自転車への供給などを中心に協業を進める。また、モビリティサービスに関するデータを活用した新たなサービスの創出につながるデータプラットフォームを構築も目指す。

こちらもどうぞ