ワイドタイヤのトレンドにも対応! フェルトの最先端エアロロード「AR」最新モデル

ニュース, 製品情報

Felt(フェルト)から、エアロロードの草分けとも言える「AR(エーアール)」の最新モデルが登場する。3代目となったのが新型ARは、蓄積した研究成果と最新技術を駆使することで+9%という驚異のエアロダイナミクスを実現した。

「エアロロード」の先駆者となった伝統あるブランドの3代目

エアロロードという言葉が定着して久しいが、実はこのカテゴリーのパイオニアがフェルト。2008年のツール・ド・フランスで鮮烈にデビューした初代ARは、航空力学を応用した初めての本格的エアロロードとして一躍注目を浴びた。2014年の2代目を経て、今回発表された3代目は、従来モデルより+9%という驚異のエアロダイナミクスを実現している。

トランケーテッド・エアフォイル・シェイプ

メインチューブには従来の翼断面形状から後端部を切り取った「トランケーテッド・エアロフォイル形状」を採用した。UCIレギュレーションへの適応、ロー・ヨーアングルへの対応・フレームの剛性のすべてを満たす最適解をCFD解析によって追い求めた結果の形状だ。さらにダウンチューブは前方と後方で大胆に形を変えている。前方では左右方向に厚く、前後方向に狭い。後方ではその逆として、ライダーを含めた全体での空気抵抗の最適化を図っている。

フィッシュリップ・シェイプ・シートチューブ

シートチューブは革新的な新型ARの中にあって、一層のアイコニックなシルエットを持つ。リアホイールに合わせて大胆に切り取られたその断面は、リアタイヤを包み込むように左右に張り出したパテント取得済みの独自形状。リアセクションのエアーフローを大幅に改善し、30Cのワイドタイヤを飲み込む理想のシートチューブだ。

スクエアードBBシェイプ

空力性能を重視し、BB周りにはあえてボリュームを出さず、チェーンステイが水平方向に張り出した形状を採用した。ライダーの足・クランク・さらにタイヤと状況に応じて目まぐるしく動きを変える部分で抵抗の削減を追い求めることはもちろん、オールラウンドレーサー、FRシリーズと比較しても遜色のないペダリング剛性を実現している。

セミインテグレーテッド・コックピット

ケーブルのフル内装システムは最新のエアロロードに不可欠。しかし、ハンドルセッティングはライダーにとって最も重要だ。もちろん新型ARのフロントビューにもケーブルは存在しない(Di2モデルの場合)。その「セミインテグレーテッド」システムはステム下からケーブルを内蔵する。つまりすべての31.8mmハンドルが使用可能で、角度調整に制限はない。最大40mmの専用スペーサーにより高さ設定も自由となる。(※ワイヤー式変速機を利用の場合、ハンドル下からダウンチューブサイドへケーブルを取り回します)

フルカーボン製専用エアロステム

専用エアロステムはエアロロードのかなめのひとつだが、新型ARではフルカーボン製。交換用ステムは90-140mmを用意したほか、さらに専用のヘッドトップカバーに交換することで、ケーブルを内装したままノーマルステムを使用できる。

リーフスプリングシートポスト、ダンピング・シートポストスリーブ

新型ARに採用された新しいシートポストでは、ポスト下端が前後に分割されている。力が加わった時にリーフスプリングのように前後にしなることで、衝撃吸収機構を進化させた。シートレールクランプは反転することで0mmと20mmを選択できるため、サドルセッティングにも不安はない。

また、フレームとシートポストの間にスリーブを挟むことで、より確実でガタの無い固定を実現した。このスリーブはプラスチックとラバーを一体成型したハイブリッド素材で微細な振動まで吸収できる。「リーフスプリングシートポスト」と、この「ダンピング・シートポスト」によって前作AR比で、トータル+112%、つまり2倍以上の柔軟性向上を達成している。

30Cタイアクリアランス

新型ARでは、ホイールのワイド化、それにともなうタイヤのワイド化の流れに沿って、最大30mmまでのタイヤ幅に対応した。

外部リンク:FELT AR(取り扱い:ライトウェイプロダクツジャパン)

こちらもどうぞ