フルーム、アシストでツールへ参加決定 所属チームが発表

ニュース,レース

©️A.S.O.-Fabien Boukla

第108回ツール・ド・フランスの開幕が来週末、6月26日(土)に迫ってきた。参加予定チームから出場メンバーの発表が始まる中、イスラエル・スタートアップネイションに所属するグランツール現役最多勝利数保持者、クリス・フルーム(イギリス)の出場も発表された。ただしエースではなく、キャプテンとしてチームを統率し、マイケル・ウッズ(カナダ)を支える。

「ツールに戻るのが待ちきれない」

2019年のクリテリウム・ド・ドーフィネで落車し体の複数箇所に大ケガを負ってしまったフルームは、ケガは完治しているもののパフォーマンスとしては未だ回復途上にある。異例の「終身契約」を結び、今季からイスラエル・スタートアップネイションに所属しているが、まだエースとして臨んだステージレースはない。チームはこうした状況の中で、フルームはチームのキャプテンとしてツールに向かい、エースのマイケル・ウッズ(カナダ)を支えると発表した。

発表の中で、フルームは「2年ぶりのツール、戻ってくるのが待ちきれない。2019年のドーフィネでの落車以来困難が続いていたが、(ツール出場は)最も大きな復帰目標のひとつだった。今年はリーダーではないが、キャプテンとしてできる限り、自らの経験とサポートをチームにもたらしたい。マイケル・ウッズという強いエースがいる。彼とチームに全力を尽くすことを楽しみにしている」とコメントしている。

こちらもどうぞ