J SPORTS、5年ぶりにジロ・デ・イタリア全ステージ生中継&LIVE配信 5月8日の第1ステージは無料放送!

ニュース,レース

©️La Presse

国内最大4 チャンネルのスポーツテレビ局JSPORTSが、5年ぶりに第104回ジロ・デ・イタリア全21ステージを生中継するを正式発表した。PC、スマホ、タブレットで見られる 「J SPORTSオンデマンド」ではスタートからフィニッシュまで現地実況・解説(英語)にて全ステージ、全行程をLIVE配信する。開幕日8日(土)の第1ステージは無料放送となる。

3大グランツールの最初を飾る「バラ色のレース」

ジロ・デ・イタリアはフランスのツール・ド・フランス、スペインのブエルタ・ア・エスパーニャと並ぶ「3大グランツール」のひとつ。総合タイムトップの選手が着るジャージがピンク色であることから、イタリア全土をピンクに染めるバラ色のレースとも言われる。昨年は新型コロナウイルスの影響により10月に延期開催となったが、今年は例年通のスケジュールに戻った。初夏のイタリアを駆け抜ける国民的な毎年の風物詩、さらに今年はイタリア統一160周年を記念して、北西部のピエモンテ州トリノで5月8日(土)に開幕を迎える。

ジロ・デ・イタリアはグランツールの中で最も過酷なレースと言われ、第11ステージにはストラーデ・ビアンケで使用される未舗装路の砂利道区間が登場。第14ステージは「魔の山」ゾンコランの山頂フィニッシュを皮切りに山岳争いが本格化、最難関と言われる第16ステージは終盤に標高2,239m「チーマ・コッピ(大会最標高地点)」のポルドイ峠を含む2,000m超の3峠が登場し、畳み掛けるように第17、第19、第20ステージと最終週に3つの1級山頂フィニッシュが組み込まれた。最終決戦の舞台はミラノで行われる個人タイムトライアル。過去4大会のうちの3大会で最終日のタイムトライアルでの総合首位交代劇が起きており、今年も最後の最後まで勝負の行方が分からないコース設定となっている。

今大会の出場チームは19のワールドチームに3チームを加えた22チーム。2019年のツール・ド・フランス総合優勝者エガン・ベルナル選手に加え、昨年タイムトライアルで圧倒的な強さを見せたフィリッポ・ガンナ選手が出場予定の「イネオス・グレナディアーズ」に注目だ。日本人選手では新城幸也選手(バーレーン・ヴィクトリアス)が昨年大会に出場し完走を果たしているだけに、今年も出場するとなれば目が離せない。

ジロ・デ・イタリア 全21ステージ放送・配信予定

*放送・配信日時・形態は変更になる場合があります。

ツール・ド・フランス2020を5月5日より一挙再放送

東京五輪の影響により通常より1週間早い6月26日(土)に開幕する108回目のツール・ド・フランス。2021年大会の開幕を前に、2020年8月29日(土)から9月20日(日)にかけ開催された第107回ツール・ド・フランスを、5月5日(水)よりスカパー!で全21ステージ無料再放送する。またJ SPORTSオンデマンドでも同日より会員を対象に無料で再配信する。

外部リンク:J SPORTSサイクルロードレースホームページ

こちらもどうぞ