最軽量レベルのフラットシューズ「GIRO LATCH」登場!新開発のソール素材でペダルを離さない

製品情報

 

「GIRO(ジロ)」から新しいフラットペダル用シューズ「LATCH(ラッチ)」が登場した。新開発のミッドソールやラバーで、従来モデルより軽量かつ低重心を実現しているという。グラベルシーンにふさわしい4色展開なのも魅力だ。以下、プレスリリースより紹介。

ソールを薄く、コンパウンドとミッドソールも新開発

ソールを薄く!

「GIRO LATCH」では、まずバイクのコントロール性を上げるため、ソールを薄くしています。某有名ブランドに比べソールが約6mm薄くすることに成功しており、これはペダルを12mm薄くするのと同じ効果を持っています。ペダルを片側6mm薄くするのは簡単なことではありません。さらにコントロール性を上げるため、シューズの形状を工夫しています。トゥ付近のソールの反りを減らしフラットに、さらにワイドにすることで、よりペダルとの接触面積を増やしコントロール性能を上げることができました。

コンパウンドをいちから新開発!「タックラバー」

マウンテンバイクのシューズを語る時に必ずコンパウンドが重要になってきます。この開発過程では数多くの社外品のコンパウントを分析し、さらにはマウンテンバイクのタイヤのコンパウンドも調査。今回、その過程を経て完全なるオリジナルラバーを一から開発し、タックラバーと名付けました。

ラフトレイルセクションや不安定なセクションで足を出すときに必要な動作を、ライダーからフィードバックしてもらい、凹みの部分を多めに作りピンが入り込むスペースを多く作りました。ただ単に食いつけばいいというものではなく、ブロックを面取りをしスロープをつけることで足を出したい時にすぐに外せるように自然な動きをしやすくしています。

GIRO独自開発のミッドソール

通常は他社も含めEVAフォームという素材が使われています。それは、反発の強い素材で、ランニングなどには適していますが、マウンテンバイクなどの常にペダルから離れないことが重要なジャンルには向かないのではないかと考えました。フルサスペンションバイクは、減衰を効かせて地面とタイヤを常に追従させバイクをコントロールしやすくなりますよね? 足とペダルも同じようにシューズにて追従をよくすれば、バイクコントロールは格段に上がるのです。そこでGIROはダンピング(減衰)効果のある新素材「muteフォーム」を開発しました。この新素材が自転車のサスペンションに当たる役割をしてくれるのです。

GIRO LATCH SPEC

 

価格:19,690円(税込)
カラー: Black/Dark Shadow, Dark Shadow, Trail Green, Black Spark
重量 : 357g(サイズ42)
サイズ : 39~45(ハーフサイズ無)
アッパー: ファストドライ マイクロファイバーロックペイント補強トゥー
アウトソール :ミュートフォーム3Dミッドソール、HDポリ パワープレート、タックラバーアウトソール、ガンマトレッドデザイン
仕様:シューレース(10mm平紐)扁平シューレースホール、3Dモールディング

問い合わせ/ダイアテック 

こちらもどうぞ