ブレーキシュー位置が一発で決まる! GORIXの「ブレーキシューチューナー」

ニュース, 製品情報

キャリパーブレーキ採用バイクのユーザーにとって、ブレーキシューの交換と調整はコツを知らなければ時間がかかってしまう、一筋縄ではいかないもの。そんなちょっとした困りごとを解決してくれるアイテムがGORIXから登場しているので紹介したい。リムとブレーキの間に挟み込むだけですぐに調整ができる、GORIXの「ブレーキシューチューナー」だ。

洗濯バサミのようにリムとブレーキの間に挟み込むだけ

GORIXの「ブレーキシューチューナー」は見てわかる通り、洗濯バサミのような変わった形状をしたアイテムだ。使い方もそのままで、リムとブレーキの間に先端部を挟み込むようにセットして使う。ブレーキシューに当たる部分は最適な傾斜がついており、そのままブレーキを締め込んで動かないようにすれば、簡単にブレーキシューの位置決めと固定ができるようになっている。同様のアイテムは他にも見られるが、洗濯バサミのように一発で調整できるのはこれだけだ。カラーも3色展開で、見やすさを重視して色付きのモデルにするか、バイクとの相性をとるかなど好みで選べる。

商品名: GORIX  ブレーキシュー調整チューナー GX-8020
対応リム幅14~24mm
高さ:50mmまで(スポーク間の狭い車種は使用不可)

販売価格:1,599円(税込)

商品詳細と販売ページ:GORIX ブレーキシュー調整チューナー(Amazon)

こちらもどうぞ