シートポストとサドルの間に組み込める異色パーツ「GORIX 自転車サドルサスペンション」

ニュース, 製品情報

お尻の痛みに悩むサイクリスト向けに、自転車パーツブランド「GORIX」が異色のパーツ「自転車サドルサスペンション GX-SSP」を展開している。シートポストとサドルの間に振動を受け止める高剛性のスプリング鋼を挟み込み、サスペンションの役割を果たすものだ。「隠れた人気パーツ」としてすでに販売累計2,000個を突破したという。

サドルやシートポスト交換の必要なし、ポジション調整も柔軟にできる

 

「自転車サドルサスペンション GX-SSP」の特徴はその機構そのもので、手持ちのサドルとシートポストの間に挟んで使うという、これまでにない発想のパーツであること。高剛性のスプリングスチール鋼を採用しており強度は問題なく、荒れた路面や段差が多い地面などを走行する際の衝撃を受け止めてくれる。取り付けるブラケット部はスライド式でポジションの調整も容易にできる。メーカによれば体重制限は最大100kgとしており、体重により適切なポジションが異なると説明している。カラーも今回新色が投入され全5色となり、愛車に違和感なく導入できそうだ。

GORIX 自転車サドルサスペンション GX-SSP 仕様


販売価格:2,000円(税込 送料込) *販売価格は変動することがございます
本体サイズ:約16 x 8.5 x 5 cm
本体重量:約350g
材質:特殊スプリング鋼クランプと 6061航空アルミニウム

《ご注意》
・【初期不良の場合】
到着後3日以内にご連絡頂いた場合商品保証させて頂きます。
(3日以内にご連絡頂けない場合はご対応出来なくなります)
・商品は入荷によりキズがある場合があります。
保証対象外になりますのでご了承お願い致します。
・ディスプレイ環境により実物と色が異なる場合が有ります。
・入荷時期により予告無く一部仕様変更する場合が有ります。

外部リンク:自転車サドルサスペンション GX-SSP 販売ページ

こちらもどうぞ