コスパ抜群!東レカーボンを採用しフレーム重量わずか950gの「COBRA SPORT」|GUSTO

ニュース,製品情報

台湾のカーボンバイク専門メーカー「GUSTO(グスト)」が、普及価格帯のライン「COBRA SPORT」の2022年モデルを発表した。高弾性の東レカーボンを採用しフレーム重量わずか950gを達成しながら、アッセンブリーを工夫して完成車価格20万円以下としている。

この価格でUCI認定バイク!

「GUSTO(グスト)」は、多くのブランドのOEM製造も手がける台湾のカーボンバイク専業メーカー。コストパフォーマンスの高さで知られ、製品へのフィードバックを目的にコンチネンタルチームも所有。ツアー・オブ・ジャパンなど日本のレースにも出場しているので、観戦時に見かけた人もいるだろう。2022年モデルが発表された「COBRA SPORT」は、そのラインアップの中でもよりコストパフォーマンスを追求したモデルだ。

といってもスペックは決して妥協していない。日本が誇る東レの高弾性カーボンファイバー「T-800」をフレーム素材に、スプリントやヒルクライムに最適なペダリング効率の良い「DiamondGeometry」を採用し設計。フレーム単体ではわずか950gの軽さを達成した。また安全性と性能の厳格な基準であるヨーロッパ規格の「EN14781」に準拠し、UCIの認定も獲得している。このままトップレベルのレースにも出場できるというわけだ。

グループセットはシマノ105(R7000)グレード、サドルはバイオ・フォーム素材を採用したサンマルコERAサドルをアッセンブリー。普及価格帯に収めながらもパフォーマンスを犠牲にしないパーツをセレクションしている。このままレースに出てもよし、パーツを自分のお気に入りで載せ替えるのもよし、高性能カーボンの乗り味を初めて知るのに最適な一台と言えるだろう。

GUSTO ー COBRA SPORT 2022 SPEC

¥198,000(税込、完成車価格)

  • シマノ105(R7000)を標準装備
  • UCI認定バイク
  • フレームはGustoR&Dで開発の「DiamondGeometry」で最適なペダリングを実現
  • 東レ  高弾性カーボンファイバー T-800 採用
  • オーロラ・ナノ・ペインティング(ANP)

詳細:GUSTO COBRA SPORT(GUSTO公式ウェブサイト)GUSTO取扱店一覧

こちらもどうぞ