入部正太朗がレース復帰、イタリアでのレースに参戦 所属チームが発表

ニュース

チームWebサイトより

UCIワールドチームのNTTプロサイクリングは28日、練習中に落車し負傷していた入部正太朗が復帰し、イタリアでのレースに出場することを明らかにした。入部選手はコロナ禍で帰国中の5月、練習中に鎖骨を骨折しリハビリに務めており、レースには半年ぶりの出場となる。

28日、29日と連日ワンデーレースに出場

入部選手が出場するのは28日の「トロフェオ・マッテオティ(193km)」と29日の「メモリアル・マルコパンターニ(199km)」。ワールドツアーのレースと比べれば距離は短めだが、前者はアップダウンの激しいサバイバルレース、後者はイタリアの英雄クライマー・パンターニの名を冠するにふさわしい山岳コースを取り入れたハードなレースだ。両レースには、入部選手の同僚で、同じく練習中に手を骨折したスペイン人選手カルロス・バルベロも出場。チームとしては2人同時に貴重な戦力が復帰する節目となった。チームおよび入部選手はそれぞれのSNSアカウントで告知すると同時に、復帰の喜びと意欲を示している。

 

こちらもどうぞ

ニュース

Posted by ロバ