Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新着ピックアップ

【2018ジャパンカップサイクルロードレース】現地レポートまとめ#3-クリテリウム表彰式まで

ニュース, イベント情報

10月21日に開催される「2018ジャパンカップサイクルロードレース」の前哨戦として、宇都宮市街地で行われた「2018ジャパンカップクリテリウム」の終了直後から、表彰式までをお届けする。

終了直後

クリテリウムの結果は以下のとおりとなった。

終了直後の囲み取材で、優勝したデゲンコルプ選手、期待された別府史之選手らはチームの戦略をこう語った。

優勝したジョン・デゲンコルプ選手(ドイツ、トレック・セガフレード)

「本当はフミ(別府選手)を助けるつもりだったんだけど…」

惜しくも16位に終わった別府史之(トレック・セガフレード)

「ダブルエースで行ってたんだけど、やっぱり難しいね」

その後、デゲンコルプ選手は2位に入ったキャメロン・スコット選手(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー・ライドサンシャインコースト)と話し込んでいた。同選手は今回の順位がキャリア最高位ということで、ワールドツアーチームのトップ選手であるデゲンコルプ選手にとっては驚きだったに違いない。

3位に入ったものの、優勝を逃したマルコ・カノラ選手(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパ)。インタビューの合間に見せたこの表情には、悔しさがにじみ出ていた。

表彰式

その後付近のオリオン・スクエアで行われた表彰式では、皆レースを終えてリラックスした表情で登場。デゲンコルプ選手はレース戦略について改めて聞かれ「フミを手助けするという戦略で最後までうまくいってたんだけど、残り300m位になったらフミが突然いなくなってた(笑)」と笑った。カノラ選手は「チームとしては明日のロードレースの方が向いているので、明日に賭けたい」と気持ちを切り替えていた。