【2022ジャパンカップ】ワールドツアー6チーム含む、海外招待チーム10チーム発表!

ニュース

©️CycleJapan

3年ぶりに開催が決定している「2022ジャパンカップ・サイクルロードレース」に出場する海外チームの陣容が発表された。日本人ライダーが所属する2チームを含む10チームが、アジア最高峰のワンデイレースの品格を見せつけてくれるだろう。以下、プレスリリースより紹介。

世界トップカテゴリーであるUCIワールドチームからは、2015・2019年2大会優勝のバウケ・モレマ(オランダ)が所属する「トレック・セガフレード」、今季全日本王者・新城幸也の所属する「バーレーン・ヴィクトリアス」、自転車王国フランスのレースシーンを支えてきた老舗チーム「コフィディス」、中根英登の凱旋が期待される「EFエデュケーション・イージーポスト」。

さらには、ツール・ド・フランスを4回制したクリストファー・フルーム(イギリス)を擁する「イスラエル・プレミアテック」、今季限りで引退を表明しているフィリップ・ジルベール(ベルギー)の出場が期待される「ロット・スーダル」の合計6チームが参戦。

UCIプロチームからは、ジャパンカップではおなじみの「チーム ノボ ノルディスク」と、初出場となるスペインのチーム「エウスカルテル・エウスカディ」、UCIコンチネンタルチームから2チームの計10チームが宇都宮に集結します。

海外出場チームも決定し、3年ぶりの開催に期待が膨らむジャパンカップ。今後の出場選手の発表にも、ぜひご期待ください!

海外出場チーム

UCI WorldTeam UCIワールドチーム(6チーム)

TREK – SEGAFREDO(TFS/USA)
トレック・セガフレード(アメリカ)

BAHRAIN VICTORIOUS (TBV/BRN)
バーレーン・ヴィクトリアス(バーレーン)

COFIDIS (COF/FRA)
コフィディス(フランス)

EF EDUCATION – EASYPOST(EFE/USA)
EFエデュケーション・イージーポスト(アメリカ)

ISRAEL – PREMIER TECH(IPT/ISR)
イスラエル・プレミアテック(イスラエル)

LOTTO SOUDAL(LTS/BEL)
ロット・スーダル(ベルギー)

UCI ProTeam UCIプロチーム(2チーム)

EUSKALTEL – EUSKADI(EUS/ESP)
エウスカルテル・エウスカディ(スペイン)

TEAM NOVO NORDISK(TNN/USA)
チーム ノボ ノルディスク(アメリカ)

UCI ContinentalTeam UCIコンチネンタルチーム(2チーム)

LJUBLJANA GUSTO SANTIC(LGS/SLO)
リュブリャナ・グスト・サンティック(スロバキア)

TERENGGANU POLYGON CYCLING TEAM(TSG/MAS)
トレンガヌ・ポリゴン・サイクリング・チーム(マレーシア)

ジャパンカップ・サイクルロードレース 公式ホームページ

こちらもどうぞ