「Jプロツアー」2020シーズンの参加チームが決定 「2減3増」の全19チーム

ニュース

日本自転車競技連盟の構成団体で、国内最高峰のロードレースシリーズ 「Jプロツアー」を主催・運営する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF、片山右京理事長)は12月4日、来季2020シーズンの参加チームを発表した。2019シーズンから「2減3増」の合計19チームとなる。

最後の「Jプロツアー」2020シーズンのラインアップは

2020シーズンのJプロツアーに参加するチームは合計19チーム。愛三工業レーシングが復帰、「さいたまディレープ」と「PRO CYCLING TEAM SHIZUOKA」(仮称)が新規参加となる。昨シーズン参加の「Honda栃木」はエリートツアーへ、「東京ヴェントス」はチーム解散となった。各チームの登録選手上限は16人で、レースは全20〜25戦を予定。総合チーム優勝は各レースのチーム内上位3選手のポイントを合算した年間合計、総合個人優勝はシリーズ全レースの個人獲得ポイントの年間合計で争うこととなっている。なお、JBCFは2021シーズンから自転車新リーグを開始すると発表しており、「Jプロツアー」の名称で開催されるのは2020シーズンが最後となる。

NO.チーム名
1マトリックスパワータグ
2チームブリヂストンサイクリング
3宇都宮ブリッツェン
4シマノレーシング
5VICTOIRE 広島
6弱虫ペダル サイクリングチーム
7イナーメ信濃山形
8TeamUKYO
9Hincapie LEOMO Labs p/b BMC(暫定)
10FIETS GROEN 日本ロボティクス
11那須ブラーゼン
12 VC 福岡
13PRO CYCLING TEAM SHIZUOKA(仮称)
14eNShare Racing Team
15なるしまフレンドレーシングチーム
16KINAN Cycling Team
17群馬グリフィンレーシングチーム
18愛三工業レーシングチーム
19さいたまディレープ

こちらもどうぞ