JCLが「INNOVATION LEAGUE」のコラボパートナーに! 課題解決のための提案を募集

ニュース

ジャパンサイクルリーグ(JCL)は、スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOの共同オープンイノベーション推進プログラム『INNOVATION LEAGUE 2021』にコラボレーションパートナーとして選定された。以下、プレスリリースより。

「INNOVATION LEAGUE 2021」アクセラレーション、及びコンテストへのエントリーを開始

JCLがコラボレーションパートナーを務めさせていただく“スポーツ庁”と「SPORTS TECH TOKYO」が共催するスポーツオープンイノベーションプログラム『INNOVATION LEAGUE』は、スポーツビジネスを拡張させる「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」と、スポーツから生まれる可能性を讃え
「INNOVATION LEAGUE コンテスト」からなり、それぞれへのエントリーを募集いたします。

JCLのコラボレーションテーマ

自転車ロードレースの魅力は、自転車競技経験のある「アスリート層」以外には伝わりにくい現状。
自転車競技を語りやすい、語って楽しい競技にするテクノロジー(公道・競輪場等のレース双方を対象)、及びその活用

事業成長を狙うスタートアップの方をはじめ、スポーツチーム・競技団体の皆さま、広くオープンイノベーションを狙う事業会社の皆さま、スポーツをさまざまな角度から活用したいとお考えの皆さまなど、ぜひご参加ください。

詳細:「INNOVATION LEAGUE 2021」公式ウェブサイト

こちらもどうぞ