自転車活用推進研究会が「2020自転車10大ニュース」を発表

ニュース

NPO法人自転車活用推進研究会(自活研)は、公式サイトで「2020自転車10大ニュース」を発表した。会員と一般双方から投票を求め集計したもので、コロナ禍の影響を受けた今年の自転車界の動向を大きく反映したランキングとなっている。

自活研発表「2020自転車10大ニュース」

①COVID-19で自転車通勤が注目。スポーツ自転車や電アシ車のサブスク本格化…79
②東京都でも自転車保険の加入が義務化。自転車通勤増加により加入者も急増…73
③コロナ禍で自転車イベントのほとんどが中止/延期。運営事業者は冬眠状態…66
④時短のため高速道路利用などウーバーイーツ配達員のルール無視に批判殺到…55
⑤タンデム自転車の公道走行解禁が36道府県に。東京でも一部解禁→検証へ…51
⑥改正道交法が施行。あおり運転を摘発対象とし普通自転車に四輪自転車も…49
⑦株式会社シマノが時価総額2兆円超えで日産自動車やJR西日本を上回る…46
⑧42歳自転車店経営者が日本縦断約2600kmを6日半で走破してギネス更新…29
⑨ZWIFTなどを使ってインドアサイクリングが楽しめるイベントが試みられる…27
⑩各社の経路検索アプリで自転車のルートが検索できるよう仕様変更が進む…25

※ 自活研会員は1票につき2ポイント、一般の方の1票は1ポイントとカウント

今年のランキング上位は、一般ニュースでも取り上げられるような大きな話題が中心となった。コロナ禍で密を避けるため世界的に自転車利用が急増したことが要因だが、急激な変化だったため、ウーバーイーツ配達員のマナー問題といった副作用も大きく報じられた。来年はこの傾向が定着するのか、コロナ禍の収束により揺り戻しがあるのか非常にきになるところだ。

なおランキング入りした10トピック以外に、自活研理事会で話題としてノミネートしたものは以下となっている。

    • 世界選手権・自転車トラック、女子オムニアムで梶原悠未選手が優勝
    • 推進本部で第二期自転車活用推進計画の策定に向けた有識者会議始まる
    • 東海道・山陽・九州新幹線の最後尾座席裏スペースの予約・有料化が始まる
    • 自転車ヘルメット委員会が全国1万人にアンケート。着用率No.1は愛媛県
    • 赤字解消に少しは貢献できるか? 各地でサイクルトレインの導入が進む
    • 自活研研究会や自転車利用環境向上会議など講演会や勉強会がオンライン化
    • 特別給付金等で自転車販売は伸びたが完成車・部品が入荷せず機会損失も
    • 年長さんもOK。大分県を皮切りに自転車幼児座席の6歳未満規制を見直し
    • シェア電動キックボードに限って自転車専用レーン走行の実証実験が始まる
    • 官民連携協議会が自転車通勤宣言企業を募集。初回は24団体が認定される
    • 自転車議連の後押しで21年度にシェアサイクルポート固定資産税減税創設
    • 星野リゾートJR土浦駅プレイアトレにサイクリングホテルBEB5オープン
    • 国交省の若手職員が担当する「2040年、道路はこう変わる」ビジョン発表
    • 太平洋岸自転車道のミッシングリンクだった大磯の区間がようやく全線開通
    • コカ・コーラボトラーズジャパンが新制度策定し全従業員に自転車通勤推奨
    • ドコモ・バイクシェアの年間利用が1200万回を超える。新アプリが好評
    • 自活研が国連世界自転車デーに、自転車利用を応援するための宣言を発表
    • 新技術等実証制度でglafitのGFRが自転車と原付を「切り替え」走行可能に
    • しまなみ海道にi.i.imabari! cycle stationや総合施設のWAKKAが誕生
    • 中国から来たシェアサイクルMobikeが日本から完全撤退
    • 東急電鉄が電車やバスと映画に自転車を組み合わせたサブスクの実験を延期
    • 自活研とCEJ連名で都知事選の候補者に自転車レーン等公開質問状を送る
    • 東京都庁に自転車部が創設されイベントを開催。顧問は宮坂副知事が務める
    • ドコモ・バイクシェア、ウーバーイーツ配達員向けの使い放題プランを終了
    • 徳島県の消防が災害時の先行隊用に極太タイヤのファットバイクを導入
    • メダルが期待されるBMXフリースタイル中村輪夢選手専用の新パーク完成
    • 自転車協会BAAのCMにラグビー日本代表の田中史朗選手が起用される

こちらもどうぞ

ニュース

Posted by ロバ