ジロ・デ・イタリア 5月6日開幕、全21ステージの生中継予定をJ SPORTSが発表

イベント情報,レース

105回大会優勝ジャイ・ヒンドレー選手(ボーラ・ハンスグローエ) 優勝者にはばら色のジャージ「マリア・ローザ」が贈られる

グランツール第一弾「第106回ジロ・デ・イタリア」が5月6日に開幕する。今年もJ SPORTSが全ステージを生中継するが、放送スケジュールが発表となった。5月6日の第1ステージは無料放送/配信となる。以下、プレスリリースより紹介。

5月6日の第1ステージは公式YouTubeチャンネルでも無料生配信!

J SPORTSは、5月6日(土)に開幕する第106回ジロ・デ・イタリアの全21ステージと、休息日に前週のレースを振り返る休息日TVを生中継します。また、PC、スマホ、タブレットで見られる 「J SPORTSオンデマンド」では全21ステージのLIVE配信に加え、現地実況・解説(英語)にて全ステージの全行程をスタートからフィニッシュまでLIVE配信します。第1ステージは、より多くのサイクルロードレースファンの皆さまにグランツール初戦 ジロ・デ・イタリアの素晴らしさをお届けするため、J:COM及び一部のケーブルテレビ局、スカパー!で無料放送、 J SPORTSオンデマンドで無料LIVE配信 します。また、J SPORTSサイクルロードレース公式YouTubeチャンネルでも無料LIVE配信します。

今大会には、18のワールドチームにプロチーム4つを加えた22チームが出場します。現世界王者レムコ・エヴェネプール選手(スーダル・クイックステップ)、今季ケガから復帰後、数々のレースで優勝しているプリモシュ・ログリッチ選手(ユンボ・ヴィスマ)昨年のツール・ド・フランスで総合3位と衰えぬ力を示したゲラント・トーマス選手(イネオス・グレナディアーズ)など複数のグランツール経験者をはじめ、マッズ・ピーダスン選手(トレック・セガフレード)ジョアン・アルメイダ選手(UAEチームエミレーツ)など注目選手が多数参戦を予定しています。イタリア中がピンクに染まる3週間の戦いから目が離せません。

今年もJ SPORTSはグランツール全戦を生中継します。ジロ・デ・イタリアからツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャまで世界最高峰のロードレースをお楽しみください。

JSPORTSサイクルロードレースサイト

こちらもどうぞ