プロ選手が「桁違いに軽い」と絶賛するセラミック軸受「鬼ベアリング」誕生! ワイズロードで販売開始

製品情報

 トヨタグループの工作機械・軸受などの部品メーカー、ジェイテクトがロードバイク用高性能セラミックボール軸受「鬼ベアリング(ONI BEARINGTM)」を発表した。既存のロードバイク用軸受と比べ圧倒的な低トルクを誇り、漕ぎ出しの軽さとホイール速度維持を実現しているという。スポーツサイクル専門店Y’s Road(ワイズロード)の大阪本館と名古屋本館で8月20日より販売することが決まっている。

プロチーム「マトリックスパワータグ」も採用!
選手が「桁違いに軽い」と絶賛

ジェイテクトは自動車部品や工作機械部品の製造が主幹事業だが、1984年に世界で初めてセラミックボール軸受を実用化したことでも知られる。今回、培った技術を活かし、自転車用軸受市場に本格参入することを発表した。今回発表されたセラミックボール軸受け「ONI BEARING」は、既存のロードバイク用軸受と比べ圧倒的な低トルクを誇り、漕ぎ出しの軽さとホイール速度維持を実現しているという。

この圧倒的な性能が評価され、国内屈指のロードバイクレーシングチームMATRIX POWERTAG(マトリックスパワータグ)のレース車両に試作品が採用されている。使用した選手からは「桁違いに軽い。特にコーナーの立ち上がりに軽快さがある」など絶賛されている。

ONI BEARING

価格:120,000円(税込)
限定30セット
※軸受(フロント・リア)と工賃の価格です。ホイールの価格は含まれておりません。
※Mavic(マヴィック)製ホイールの現行モデル(COSMIC、KSYRIUM)にはオプションでONI BEARINGを搭載することができ、購入者にはホイールのハブに「ONI BEARING」のロゴを付けることも可能です。

8月20〜21日開催「シマノ鈴鹿ロード」に出展

より多くのロードバイクユーザーやサイクルレースファンに認知を広げるため、8月20日と21日に開催の「シマノ鈴鹿ロード」にイベント出展する。デモ機展示や前後輪でONI BEARINGを搭載した試乗車の貸出などを実施予定だという。以降も今治クリテリウムなどロードレース会場での体験会や試乗会などを実施予定。

ジェイテクト ホームページ

こちらもどうぞ