ありそうでないオシャレなディレイラープロテクターが登場 KCNCから販売

ニュース, 製品情報

軽量パーツで知られるKCNCから、ディレイラー(変速機)を転倒時などの破損の危険性から守る「ディレイラーガードキット」が発売される。クイックリリースとスルーアクスルどちらにも対応し、2つのパーツの組み合わせでより強固に守る構成だ。

様々なタイプの自転車に取り付け可能

快適な走行を実現するディレイラー(変速機)は、ほとんどの自転車に不可欠のパーツだが、ロードバイクをはじめ機械そのものがむき出しであるため、転倒時に地面などに接触すると破損する可能性が高い。また変速機自体に損傷がなくても、転倒時の衝撃でディレイラーを取り付けているエンドが曲がる可能性もあり、どちらが起こっても走行不可能となってしまう。そのためママチャリを中心としてガードを取り付けて販売している場合もあるが、多くは鉄製のアームで囲うといったようなもので、スポーツ系の自転車には重量面やデザインの面からそぐわないものが多い。

今回販売開始されるKCNCの「KCNC REAR DERAILLEUR GUARD KIT」は、軽さとデザインにこだわるブランドならではの工夫が感じられるキットだ。「アダプター」で接触可能性を低められるようなクリアランスを確保し、「ガードプレート」で直接的にディレイラーをガードする、2パーツによる保護の仕組みを採用している。

まず取り付けには関しては、クイックリリースと六角穴付きスルーアクスルどちらにも対応しており、ピスト以外のほぼすべての自転車に装着できる。クイックリリースの場合はアダプター先端のねじピンを取り外し、クイックリリースシャフトのナットに変えて取り付ける。スルーアクスルの場合は、アダプター先端のピンが緩めた状態でアクスルの穴に差し込み、アダプターを時計回りに締め付ける。ガードプレートは、シフトを操作してディレーラーをトップギアに合わせた後、ディレーラーに触れないようガードプレートの穴をアダプターに入れネジで固定する。

 

 

どちらも取り付けは簡単。心配な方は常に装着するのも良いし、輪行時の破損が気になる方はその時だけ装着するにも向いている。カラーもブラック、シルバーの2色展開で、幅広いデザインの自転車に対応できる。価格はどちらも2,450円(税抜)となっている。

外部リンク:ライトウェイプロダクツ KCNC ディレーラーガードキット [REAR DERAILLEUR GUARD KIT]

こちらもどうぞ