増田成幸選手が土壇場で選考ポイント獲得、ランキング逆転 東京五輪出場を事実上決める

ニュース

本日2020年10月12日、スペイン・パスク地方で開催されたUCIレース「プルエバ・ビリャフランカ・デ・オルディシア(UCI1.1)」に出場した増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が、悪天候とハイペースの中、フィニッシュ直前まで先頭集団付近で生き残り20位でゴール。オリンピック出場枠を争い、同じく出場した中根英登選手、石上優大選手(NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス)がいずれもリタイヤしたことから、増田選手のみが選考ポイントを獲得し選考ポイントランキング2位に逆転で滑り込み、事実上出場権獲得を決めた。

10月12日開催の「プルエバ・ビリャフランカ・デ・オルディシア」で20位に入る

20位でフィニッシュする増田選手(先頭。大会公式YouTubeの放送よりキャプチャ)

本日開催されたスペインバスク地方のクラシックレース「プルエバ・ビリャフランカ・デ・オルディシア(UCI1.1)」。10月17日の東京五輪出場権を争う選考期間の終了が間近に迫る中での事実上最後のUCIレースに、先行ポイントランキング3位の増田成幸選手を含む宇都宮ブリッツェンと、同じく2位の中根英登選手、4位の石上優大選手が所属するNIPPO・デルコ・ワンプロヴァンスがともに出場した。

レースは雨が降り続く中、序盤からペースが一向に落ち着くことなく激しいサバイバルの続く展開。エースを送り出すため各チーム、アシストがハイペースの中主導権争いを続けることとなり、多くの選手が途中で脱落しリタイヤとなっていく。残り50km辺りで先頭集団は30人弱まで絞り込まれ、宇都宮ブリッツェンの増田選手は食らいついて最後尾に残ったものの、中根選手、石上選手は流れの中で出遅れ、あえなくリタイヤ。しかしチームとしては4人を先頭集団に送り込み、地元チーム「カハ・ルラル」らとともに集団内でのコントロールを担っていく。

その後振り落とし、アタックなどの動きが続いて先頭集団もバラバラに。優勝は結局、最後まで積極的に仕掛けていたサイモン・カー(英国/NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス)が抜け出して独走勝利。その過程で出遅れた増田選手は20位を目指した小集団のスプリントに勝って、見事UCIポイント3ポイントを獲得した。

土壇場で逆転、増田選手が2位に返り咲き事実上代表を決める

JCF代表選考ランキング(10月12日現在)

ランキング 選手名 選考ポイント
1 新城幸也 533
2 増田成幸 283.8
3 中根英登 282
4 石上優大 161.5

これで増田選手はUCIポイント3ポイントを獲得。JCF(日本自転車競技連盟)が選考ポイント計算の基準として定めている増算のための係数は、このレースで20位の場合「3」であることから、3 x 3 = 9ポイントを上積みすることに成功した。その結果、一度その座を明け渡した出場枠「2」圏内の選考ポイントランキング2位に再浮上。代表選考期間は10月17日までとなっており、それまでに開催されるUCIレースはベルギーで10月14日に開催されるベルギーのレース「scheldeprijs(UCI1.Pro)」のみで、そのレースにNIPPO・デルコ・ワンプロヴァンスは出場するものの日本人選手はエントリーされていないことから、事実上、本日で選考ポイントランキングは確定、増田選手が新城選手とともにオリンピック代表に選ばれることが決定した。

「ポディウム・デ・オリンピア」として急遽表彰、大会運営側も増田選手を祝う

レース終了後、表彰される増田選手(大会公式YouTubeチャンネルの放送よりキャプチャ)

日本人選手が3人エントリーし、オリンピック出場枠を争うことは大会運営側にも伝わっていたようで、YouTube公式チャンネルでの放送中、実況アナウンスは幾度か先頭集団に残っている増田選手の名前を呼び説明。またレース終了後には増田選手を呼び「ポディウム・デ・オリンピア」賞を贈呈した。公式に認められるのは敢闘賞、スプリント賞、山岳賞などだが、この賞は事前に告知されておらず、急遽設定したものとみられる。

レース終了直後のため増田選手のコメントは得られていないが、リタイヤし出場権を逃した中根選手がSNSを更新。「新城さん増田さんが東京オリンピックに出場します。日本代表チームへの応援よろしくお願い致します」と、代表選手を祝福した。

こちらもどうぞ

ニュース

Posted by ロバ