マヴィックが偽造ホイールの注意喚起「重大な事故や死亡に繋がる可能性がある」

ニュース, 製品情報

マヴィックが同社製品の偽造品に関する情報と注意喚起を発表した。偽造品の外見的特徴を紹介するとともに、安全性テストを行ったところ基本的なテストで破損することが分かったとし、直ちに使用中止するか最寄りのショップで確認してほしいと呼びかけている。以下は同社のプレスリリースより。

MAVIC製品の偽造品に注意してください
偽造ホイールは危険であり、重大な怪我や死亡につながる可能性があります

ロードサイクリストが自転車に乗って小さな丘を下って衝突しそうになり、2020年にマヴィックと自転車店に事件を報告し、偽造品が発覚しました。フランスの北部にある当社の営業へのフィードバックのおかげで、私たちはアジアからの偽造マヴィック製品の重要な拠点を突き止め、調査と法的措置をと取ることとしました。私たちはこれらの偽物ホイールを購入、ラボでのテストを行い、詳細を明らかにしました。

偽造品と純正マヴィックホイールの明確な視覚的な違い

マヴィック偽造品

デザインの品質が悪い

⚫ 低品質のステッカー
⚫ ハブのMAVICのロゴがない
⚫ 間違ったMAVICロゴ

仕様(種類、材質、数量など)がマヴィック純正製品(現行モデルまたは旧モデル)と一致していない

⚫ Jベントスポークを使用している
⚫ スポーク本数が異なる
⚫ リムの高さと幅の相違
⚫ ハブ自体が異なる

ラボ試験の安全性評価

テスト1

ブレーキ効率の基本的な ISO テスト(ISO 4210 規格)。
破壊させるテストではなく、主にブレーキ性能を目的にしたテスト検証方法 10回のブレーキ操作を行い、本実験に表面を整える(慣らす)。130kg(ライダー+バイクを想定)重量で、時速35kmで20daNの 力でブレーキをかける。(マシンの写真参照)

偽造ホイールのテスト結果

⚫ リムが破壊された(本実験直後にすぐに破壊)

テスト2

50回ブレーキングを繰り返し行い、実際の制動力テストをした。

偽造ホイールの試験結果

⚫ 完全にリムが破壊された:変形、剥離、摩耗しており、貫通している

テスト3

ホイールの横方向への耐久性を測るため、サイドウォールに負荷をかけるテスト(45km/h-30kg)。ホイールは、Mavicの長年の経験 に基づいて定められた限界値において、数百kmの耐久性を持つことになっている。200km(スポーク)と300km(ハブフランジ)。

偽造ホイールの結果

⚫ 目標距離のわずか50%後にスポークが破損した
⚫ 検証限界距離の90%でハブが破損した

結論
これらの偽造ホイールは危険であり、重大な怪我や死亡につながる可能性があります。 所有者に安全性と信頼性を保証するための非常に基本的な検証テストに失敗しています。

マヴィックが偽造品を発見する度に、法的措置を取ります。私たちは、市場関係者と連携して模倣品を見つけ出し、パートナー、小売業者、お客様からも模倣品に出会う可能性のあるという情報を得ています。

危険な偽造品の生産と販売の両方を停止することで私たちは皆さまに安全な商品を提供することができます。 すべてのサイクリストの安全のために、ホイールや製品の偽造品について懸念がございましたら、お近くの正規販売店に連絡の上、お知らせください。

アドバイス

商品を購入するときには、自分自身でしっかりと考えてください。”価格はこの製品の品質と仕上がりを反映しているか?
安いカーボン製のホイールセットは、あなたの心の中で「自分の安全のために、注意深く中身を確認してください」とベルを鳴らすはずです。

本物かどうか確認する方法

シリアル番号を取得し、正規販売店に連絡してMavicに確認するよう依頼するか、www.tech-mavic.com または www.mavic.com/care で保証の登録を試みることによりご自身で確認できます。システムが登録を拒否した場合、その製品はおそらく偽造品ですので、早急にお知らせください。疑わしい場合は、マヴィック正規販売店にまずご相談することをお勧めします。

問い合わせ先:マヴィックジャパン

こちらもどうぞ