インチューブバッテリーを搭載したe-Bike 「CRUISE」「ROADREX」発表! シマノのユニットを搭載|MIYATA

製品情報

MIYATAが、トレンドのインチューブバッテリーを採用した初めてのモデル「CRUISE i 6180」「ROADREX i 6180」を発表した。2018年の発売以来好評の両ラインをリニューアルし、インチューブとともにシマノのコンポーネントを採用した。2021年9月発売予定。

オールラウンドな走りが魅力のクロスバイク「CRUISE i 6180」

インチューブバッテリー採用により、低重心化&デザイン性UP

・ロングライドも楽しめる36V,11.6Ahのリチウムイオンインチューブバッテリーを採用。
・バッテリーを内蔵したことで低重心化、走行安定性を向上。
・外見もよりスマートに、新開発ダウンチューブを採用。
・最大アシスト航続距離:エコモード105km/ノーマルモード85km/ハイアシストモード70km
(※一般社団法人自転車協会が定める標準パターン走行時の走行距離。走行可能距離は使用用途により変化します。)
・充電時間 0~80%まで約3時間 0~100%まで約3.5時間

SHIMANO STEPS DU-E6180を搭載

・最大トルク60Nm・定格出力250Wのハイパワーアシストで、坂道でも安定した走行を実現。
・SHIMANO製油圧式ディスクブレーキを採用、雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮
・700×32Cのタイヤを装備、シティライドからスポーツライドまで幅広く対応可能。
・バッテリーから直接給電タイプのライトには、新開発ハンドルステム取り付け式オリジナル砲弾型レーザービームを採用。
・駆動用バッテリーロックと共通キーのサークルロックも標準装備。日常での使いやすさが大幅に向上しました。
・外装10段シフトを採用、アシストと併用することでより快適な走りを提供します。
・オプションで前後キャリヤやドロヨケ、スタンドが装着可能。使い方に合わせたカスタマイズが可能。

オンオフ対応のマルチパーパスバイク「ROADREX i 6180」

インチューブバッテリー採用により、低重心化&デザイン性UP

・ロングライドも楽しめる36V,11.6Ahのリチウムイオンインチューブバッテリーを採用。
・バッテリーを内蔵したことで低重心化、走行安定性を向上。
・バッテリー位置を変更したことでより小柄な方でも乗車可能。
・最大アシスト航続距離:エコモード105km/ノーマルモード85km/ハイアシストモード70km
(※一般社団法人自転車協会が定める標準パターン走行時の走行距離。走行可能距離は使用用途により変化します。)

・充電時間 0~80%まで約3時間 0~100%まで約3.5時間

SHIMANO STEPS DU-E6180を搭載

・最大トルク60Nm・定格出力250Wのハイパワーアシストで、坂道でも安定した走行を実現。
・ディスプレイにはスポーツモデルのSTEPS SC-E7000Bを採用。ハンドル周りをスッキリとさせます。
・シフターには、グラベルツーリング向けに開発されたSHIMANO GRXを採用。外装10段シフトでより快適なライドを実現。
・SHIMANO製油圧式ディスクブレーキを採用、雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮
・650B×45Cのタイヤを装備、オンロードからオフロードまで安定した走行を可能。
・オプションで前後キャリヤやドロヨケ、スタンドが装着可能。使い方に合わせたカスタマイズが可能。

取扱い/問い合わせ:MIYATA e-BIKE 取扱店

こちらもどうぞ