新着ピックアップ

OGKカブトのJIS認証取消し、製品の安全性には問題なし

ニュース

2019年11月25日、経済産業省は、JISマーク表示制度の登録認証機関「日本車両検査協会」が、ヘルメットメーカーとして知られるOGKカブトのJIS認証を取り消したと発表した。これを受け同社はWebサイトで謝罪した。経済産業省は、自転車用ヘルメットを含む製品の安全性は問題ないとしている。

「一部工程管理の問題によるもの」

経済産業省によると、10月25日の臨時審査で、同社の大阪府東大阪衣摺工場において、製品の組立場所に関係する記録が長期間にわたり適切に記載されていなかったことが発覚。内容が重大だとして、11月25日付で同社のJIS認証を取り消したという。

これを受けて同社はWebサイトに社長名で文書を掲載。「本件により、お客様、取引先様をはじめ、関係者各位に多大なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「品質管理体制の見直しを図るとともに、再発防止と信頼回復に向けて全力で取り組みます」と述べた。なお経済産業省によると車両検査協会が実施した試験では、製品の安全性や品質についてはJIS規格を満たしており問題がないことが確認されている。

こちらもどうぞ