国内初「押し歩き時の電動アシスト」に対応した自転車発売|パナソニックサイクルテック

ニュース,製品情報

パナソニックサイクルテックは、改正道路交通法で新たに認められていた「押し歩き時の電動アシスト」に国内で初めて対応した自転車を発売すると発表した。法規制対応のため押し歩き時にサドルに座れないよう角度を自動で傾ける機能などを付加した。発売は2021年7月となる。

4つのセンサー搭載で法規制をクリア

電動アシスト自転車は、お子さんや荷物も運んで移動したいニーズに対応した自転車として今や定着しているが、電動アシストユニットなどの搭載で車体重量が一般的に重く、押し歩き時に負担が大きいことがネック。消費者からは重い車体をスムーズに運べるような仕組みを求める声が上がっており、2019年12月に制定された改正道路交通法では、新たに押し歩き時の電動アシストを「歩行補助」とみなし認めている。ただし「押し歩き時の駆動速度が6 km/h以下」「サドルが使えず乗れない」「自転車から離れると駆動が止まる」という3つの条件を満たすことが求められている。

今回パナソニックサイクルテックが発売する電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」は、国内で初めてこの「押し歩き時の電動アシスト」に対応した。求められている3つの条件には、4つのセンサー(サドル傾斜センサー、モーター内蔵センサー、トルクセンサー、スピードセンサー)搭載による制御で解決したという。具体的には、ユーザーが押し歩き時にアシスト機能を駆動させたい場合、サドル下に取り付けられたレバーを上げ、乗っていない状態であることをサドル傾斜センサーが感知できるようにした。その上でハンドルにある手元スイッチに「押歩き」ボタンを新設。ボタンを押下してアシストを稼働させると、その他の3つのセンサーが状態を検知し、時速6km以内で車体重量や歩行速度に合わせた適切なアシストを行うという。

電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」 商品概要

<特長>
1. 国内初(※1)、坂道などで便利な押し歩き機能搭載
2. 押しやすく、わかりやすい、押し歩き専用手元スイッチの搭載
3. 乗車時に押し歩き機能が作動しない安全機構

【品名】ビビ・L・押し歩き
【品番】BE-ELLW63
【メーカー希望小売価格】129,000円(税込)
【発売日】2021年7月6日

※1 2019年12月1日施行 改正道路交通法で原動機を用いる歩行補助車等と駆動補助機付自転車の双方の型式に適合した自転車

【お問い合わせ先】
パナソニック サイクルテック お客様ご相談窓口(通話無料)
電話:0120-781-603(受付 9:00~18:00)

こちらもどうぞ