ドリンクボトルでシャワーができる!? 新提案のボトルキャップ登場

ニュース, 製品情報

サイクリングなどのアウトドアスポーツ向けに、ドリンクボトル、ハイドレーションバッグなどを展開しているキャメルバックから、ボトルを水分補給だけでなく体の冷却にも使えるようにする専用のボトルキャップが販売される。

水の使用量が1/3に 効率的に体を冷却し発汗をおさえる

夏のアウトドアスポーツは大量の発汗がともなうもの。継続的な水分補給が欠かせないが、同時に適度な体の冷却も必須だ。夏にスポーツを楽しむ人はもちろん必要性を実感しているだろうし、観戦する方も、アスリートがドリンクの水を体にかけるシーンをよく見るだろう。冷却することで過度の発汗をおさえ、熱中症の可能性を低減させるとともに、発汗をおさえることで水分補給の量も減らすことができるという相乗効果もある。

キャメルバックが今回発売するボトルキャップは、体の冷却効果に重点をおいた専用パーツだ。同社のボトル「ポディウム」シリーズ用のもので、標準キャップから付け替えて使用する。特徴はシャワー専用の小さなノズルが複数あり、通常の飲み口と切り替えて使用できることだ。この専用ノズルを使用すれば、水量を1/3に減らしながら冷却効果を得られるという。日本の販売元であるライトウェイプロダクツの取扱店で、4月中旬より販売予定だ。

 

商品情報

▪️シャワータイプ リプレースメントキャップ

価格:1518円(税込) カラー:ブラック

●全てのキャメルボトルに取り付け可能
●シャワーモード、ドリンクモード、ロックアウトモードの3機能
●8つのノズルで一気に広範囲を濡らせ、切り替えればドリンクにも使える。
●ドリンク側はセルフシーリング式ジェットバルブで、押した時だけ水が出てくる構造。都度キャップを開閉する必要なし

詳細は商品ページを参照のこと。

こちらもどうぞ