【2022ジャパンカップ】海外チームエントリーリスト発表、例年に増して「本気のメンバー」

ニュース,レース

「SUBARU LEVORG presents 2022 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE(10月14日〜16日、宇都宮市で開催)の記者発表が14日都内で行われ、海外参戦チームの選手エントリーリストが発表された。今後変更がありうるが、例年にも増して一線級のメンバーが名を連ねており、アジア最高峰のワンデイレースの名にふさわしい戦いが期待できそうだ。

栗村修氏「今年はより本気の戦いが見られる」

この日は、最新情報として海外招聘チームの選手エントリーリストが公開されたが、注目すべきはやはりワールドチームの陣容だ。あと1ヵ月あり、コロナ禍が収束を迎えていない中で状況は十分変わる可能性があるものの、すべてのチームが強力な布陣を敷いてきたという印象だった。

ゲスト参加の栗村修氏(ツアー・オブ・ジャパン組織委員会委員長/全日本実業団自転車競技連盟副理事長)はこの理由について「ランキング下位チームの残留争い」をあげた。来季からのUCIワールドチームの枠は18チームとなっており、今季までの3シーズンのポイントで上位18位までに入らなければ、プロチームに降格となる見込み。ジャパンカップに参戦するワールドチーム6チームのうち、4チームが現在16位、18位、19位、20位の「当落線上」にいるため、例年にもましてポイント獲得のため豪華メンバーになっているのではないかとした。ジャパンカップまでに数レースありこのレースだけで帰趨が決まるわけではないが、ワンデイレースにおいてはアジア唯一の「UCIプロシリーズ」でもあることから獲得ポイント数も高く、「より本気の戦いが見られる」と期待を込めた。

また上位チームでは、日本チャンピオンジャージ国内初お目見えとなる新城幸也選手率いるバーレーン・ヴィクトリアスに注目。「ユキヤを勝たせるメンバーだ」と、彼をエースとして臨むはずと予想した。その新城幸也選手は、チャンピオンジャージとスペシャルバイクをともなってビデオメッセージを寄せ、「お見せするのが楽しみだ」と意気込みを語った。

新城幸也選手はビデオメッセージで登場

国内チームについては、先日のツアー・オブ・北海道までの国内レースでの戦績などで7チームが選考された。出場チームの幹部でもある廣瀬佳正氏(宇都宮ブリッツェン代表取締役副社長)は「例年にも増して厳しい戦いが予想されるが、選手のキャリアにとってもここで成績を残すことが重要」と力を込め、宇都宮ブリッツェンとしては東京2020大会にも出場した増田成幸選手を引き続き盛り立てたいと示唆した。栗村氏も「このレースはまぐれがほぼない。足がなければ上位に来ない、ほぼ唯一のレース」と国内選手の奮起を促した。

各レースは公式チャンネル、JSPORTS、地元地上波で放送

14日〜16日の開催期間中、メインレース以外にもクリテリウム(15日)など様々なプログラムが実施される予定だが、それぞれYouTube公式チャンネル、JSPORTS、地元地上波テレビでフォローアップされる。

またコロナ禍が収束したとは言えない状況での開催ということで、感染対策の徹底が前提となる。この日は改めて個人での感染対策が呼びかけられたほか、大会の方針として「大声での声援自粛、拍手での声援」「選手絵の接触、声かけの自粛」が発表された。この方針に沿って、毎年恒例となっていた選手の宿泊施設や会場での触れ合いは自粛、レース後の「アフターパーティ」は開催されないことも発表されている。

2022ジャパンカップサイクルロードレース 大会ホームページ

こちらもどうぞ